マルチビタミンは医薬品なの?

健康のために、毎日マルチビタミンを飲んでいる人もいます。

マルチビタミンは現代人には不足しがちな栄養素なので、積極的に摂っている人も多いですよね。

さて、そんなマルチビタミンですが、「医薬品と同じでしょ?」「毎日飲み続けるには抵抗があるな…」と感じている人もいるようです。

マルチビタミンは、医薬品なのでしょうか。

医薬品としてのマルチビタミンもある

結論からいいますと、医薬品扱いのマルチビタミンもあります。

ドラッグストアなどの医薬品コーナーに並んでいるものがそうです。

たとえば「ポポンS」や「ハイチオールC」などが医薬品扱いとなりますね。

医薬品は特定の症状に効果を発揮するように作られているため、ビタミンは含まれていても「マルチ」に含まれるものばかりではありません。

一般的に私たちが呼んでいるマルチビタミンは、医薬品ではなくサプリメント。

いわゆる健康食品です。

食事で足りない栄養を補うことを目的としていますので、医薬品のように飲み方が定められていたり、副作用が起こるリスクはありません。

安心して手軽に飲めるところが、マルチビタミンの良いところだと言えそうです。

まとめ

マルチビタミンは医薬品なのか?について、お話ししました。

医薬品もありますが、私たちがマルチビタミンと言っているのは医薬品ではなく、健康食品になります。

手軽に栄養を補えるものとして、上手に取り入れていきましょう。