喘息は子供の病気ではない!大人も増えている喘息・咳喘息の症状と改善方法

喘息は子供の病気ではない!大人も増えている喘息・咳喘息の症状と改善方法

《喘息の症状》

一般的な喘息とは、気管支喘息と呼ばれるものです。咳や痰、息苦しさのほかに、呼吸時に『ゼーゼー』『ヒューヒュー』といった喘鳴があるのが特徴です。胸の痛みや喉の違和感があることもあります。このような気管支喘息の症状は、夜間や早朝に出やすい傾向にあります。ほかにも季節の変わり目などの気温差の激しいとき、疲れているとき、風邪を引いたときなどに症状が出ることもあります。
最近では、気管支喘息とは別の『咳喘息』という病気もあります。咳喘息とは、その名の通り『咳』が症状になります。咳喘息の場合は、気管支喘息のような喘鳴はありません。風邪は治ったのに咳だけずっと治らない、空咳が8週間以上続いている…といった場合は、咳喘息の症状かもしれません。咳喘息は、病院にいってもなかなか診断することが難しい病気の1つです。

《喘息の発作》

気管支喘息の発作には、様々なものがあります。発作の症状としては、先ほどお話した『喘息の症状』と同じようなものです。ゼーゼー、ヒューヒューといった喘鳴、むせるほどの激しい咳、呼吸が苦しくなる、などはすべて喘息の発作です。
気管支喘息を患っている人は、気管支を始めとする気道の粘膜に、白血球の一種である『好酸球』や『リンパ球』が集まっていて、症状が出ていないときでも常に炎症を起こしている状態です。ですから、ほんの少しの刺激でも発作が起こりやすくなります。『呼吸が出来ない』というような、気道閉塞が起こりやすい状態でもあるのです。
発作の頻度や、発作を引き起こすキッカケとなる刺激は人それぞれです。たとえば、食物や花粉などの『アレルゲン』がキッカケの場合は分かりやすいですが、ストレスなど目に見えないものがキッカケの場合は非常に厄介ですね。喘息の発作は、発症している本人のみならず、見ている方ですら辛いものです。発作を引き起こすキッカケを自覚することが大切なのだと思います。

《喘息の原因》

喘息は子供の病気、というイメージがありませんか?確かに『小児喘息』という病名があるくらいですから、子供に多い病気であることは間違いありません。しかし、最近では大人になってから喘息を患う人が増えています。子供の喘息は成長とともに治る場合が多いのですが、大人の喘息で自然治癒する確率は1割未満と少ないです。では、喘息の原因とは一体何なのでしょうか。
そもそも喘息とは、呼吸をするときの空気の通り道である『気道』が、アレルギーなどの何らかの刺激によって炎症を起こして敏感になっている状態で、更に痙攣を起こして狭くなることで起こります。気道の炎症を引き起こすものは様々で、ダニ・ハウスダスト・ペット・花粉・食物といった『アレルゲン』と、運動・ストレス・タバコ・風邪・大気汚染・天候や気温差・香水などのニオイなどの『アレルゲン以外』に分けられます。
最近では、家庭での『空気清浄器』の使用により、空気をキレイにしすぎることも原因ではないかと言われています。空気をキレイにしすぎてしまうので、ほんの少しのホコリなどに対する免疫がなくなり、アレルギー反応を起こしている可能性があるそうです。

《喘息を放置する危険性》

子供なら喘息を放置するということはまずないと思います。しかし、大人になってから喘息を発症した人などは、喘息を放置する危険性に気付かずに、放置してしまっている人もいます。喘息を放置すると、どのような危険性があるのでしょうか。
まず、大人の喘息は放っておいても自然に治るものではありません。気管支喘息を放置していると、呼吸困難を起こして死に至ることもあるのです。特に年配の人は注意が必要です。自分は大丈夫、と鷹をくくっていてはいけません。喘息による呼吸困難で死に至った人も、まさか自分が喘息で死んでしまうとは思っていなかったことでしょう。喘息は、放置しておくと死に至る危険性がある病気なのです。
それから、咳喘息も放っておくのは危険です。咳喘息は、気管支喘息と違ってヒューヒューするなどの喘鳴がない分、自分でも気付きにくい病気です。放置していると、気管支喘息になってしまう危険性があります。また、咳は1回でおよそ2キロカロリー消費するそうです。仮に1日で咳を100回したら、それだけで1000キロカロリーの消費です。気付かないうちに体力を消耗している、なんてこともあるのです。

《喘息を放置すると?》

喘息は、放置しておくと最悪の場合は死に至る可能性のある怖い病気である、ということは先ほどお話しました。ほかにも、喘息を放置しておくとどのようなことが起こるのでしょうか。
大人の喘息は、基本的には自然に治るものではありません。放置すると、ほぼ確実に症状は悪化していきます。気道の炎症が悪化し、発作を起こす頻度が増えます。どんどん症状は重くなっていく、というわけですね。
アレルゲンなどによって刺激を受けると、気道の回りの筋肉である『平滑筋』が急収縮します。この急収縮によって呼吸困難が起こるのです。このような発作を繰り返すと、平滑筋はどんどん肥大していきますので、少しのことでも発作が起こるようになってしまうのです。痰などの分泌物も増えていきます。
気管支喘息を患っている人は、そうでない人よりも普段から気道が狭いことが多いのですが、発作を繰り返すことにより更に気道が狭くなってしまうのです。
喘息は放置していても、良いことは何もありません。喘息は放置せずに、きちんと医療機関で治療を受けましょう。

《喘息の改善方法》

喘息の治療は、基本的に医療機関で処方される薬によるものです。喘息の治療薬は、主に発作を起こらないように気道の炎症をコントロールする『吸入ステロイド』と、実際に発作が起きたときに気管支を即拡げる応急的な役割のある『気管支拡張剤』の2種類です。気管支拡張剤には副作用もありますので、使用は最小限に控えたいものです。
喘息の症状を改善するには、アレルゲンが何か分かっている場合には、アレルゲンから離れることが鉄則です。しかし、必ずしもアレルゲンから隔離された生活を送れるかと言ったら、なかなか難しいのが現状だと思います。
『喘息の症状を治す』という直接的な効果はありませんが、『症状を出にくく』するためには体質改善も効果的です。適度に運動をして体力をつける、食生活を見直す、などですね。糖質・肉・脂質などの摂りすぎに注意し、カルシウム・ビタミンCなどが不足しないように気を付けます。ビタミンCは生のフルーツから摂取するようにしましょう。食生活を改善したからといって、喘息そのものが治るわけではありません。しかし、喘息の辛い症状・発作を少なくすることは出来るかもしれません。
なるべく薬に頼らずに、喘息の症状を軽く出来るといいですね。

最後に大切な事ですが、喘息の原因である「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する根本的な喘息改善法の「川井式喘息改善エクササイズ」を包み隠さずお伝えします。現在までに70000人の喘息患者を救ってきた、やれば効果が得られる確かな方法です。

わずか2日程度で「息を吸いやすい」「声が出しやすい」「楽に呼吸が出来る」などの嬉しい効果が表れ、たった2ヶ月で酷い喘息が特別な道具も、薬も使わずに改善した方法です。

喘息の原因である、「気道の炎症と気道の狭さ」を改善する、根本的な喘息改善法。その方法は70000人以上の喘息患者を救ってきた方法で、やれば効果が得られる確かな方法です。あなたがもし、その方法「川井式喘息改善エクササイズ」を知りたいのなら以下より詳細をご覧下さい。

川井式喘息改善エクササイズの詳細はこちら