マルチビタミンは何歳から飲めるの?

マルチビタミンは、日々の食事で不足しがちなビタミンをまとめて補えるベースサプリ。

一度にビタミンがまとめて摂れるので、とても便利ですよね。

しかし食事のバランスが気になる人は、何も大人だけではありません。

最近では子供の偏食も多く、お子さんの栄養バランスが気になるという親御さんも多いのではないでしょうか。

さて、ではマルチビタミンは一体何歳から飲めるのか、マルチビタミンを飲める年齢について見ていきましょう。

マルチビタミンには子供向けのものもある

一般的なマルチビタミンの場合、粒が難なく飲み込める年齢ならば子供でも飲んで良いと言われています。

DHCのサイトでは、「マルチビタミン(粒)は5歳頃、チュアブルタイプは3歳頃」から可能とのこと。

ただし、年齢が小さければそれだけ体重も少ないので、大人向けのマルチビタミンでは量が多すぎることも考えられます。

量が調節できるようなものにする、もしくは子供向けのマルチビタミンを選びましょう。

粒を飲み込める年齢ならば、何歳からでもマルチビタミンは飲めるという結論ではありますが、子供なら好き嫌いをしないよう、日頃からバランスの良い食事を意識していくことが大切。

アレルギーなどがあるのなら別ですが、そうでないならマルチビタミンに頼るのではなく、好き嫌いをなくす努力をしていくことをおすすめします。

まとめ

マルチビタミンは、粒が飲み込める年齢になれば5歳頃から飲むことは可能です。

しかし、ミネラルが含まれているものは15歳以上などと注意書きがされていることもありますので、子供に飲ませるときには必ず確認しておきましょう。