便秘は万病の元と言われる理由は?便秘になるとどういった

【便秘は万病の元と言われる理由は?】
便秘は便が出ないというただの現象だけに収まりきれません。便秘は万病の元と言われています。なぜなら、便を溜めている腸は第2の脳と呼ばれているからです。脳が病気になれば体のあちこちが悪くなるように、腸も悪くなれば体のあちこちが悲鳴をあげます。
なぜ腸が第2の脳と呼ばれているのかというと、腸は体の免疫力をコントロールしたりなどの外部の刺激から体を守る役割があるからです。便が出なくなると、有害物質が血液に乗って体の隅々まで行き渡ってしまいます。また、便自体が体の中にいると腸に負担がかかって重くなり、腸が破壊しかねません。だから便秘は万病の元だと言われているのです。
【どんな病気になる?腸の病気あれこれ。】
では便秘になるとどういった病気になるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。
まず腸の病気と挙げられるのは、腸閉塞です。いわゆる糞づまりですが、この病気になると冗談では済まされないぐらいの腹痛が襲います。食欲低下や嘔吐を繰り返して、適切な処置をしないと数時間で死に至る確率も高いです。
また、大腸ポリープは大腸にイボができる病気です。便の通り道にイボができてしまうので、便秘になりやすい病気ですし血便が出る場合もあります。そしてポリープがガン化してしまうと大腸ガンへとなってしまいます。
そして病気ではありませんが、過敏性腸症候群と言われる症状は便秘と下痢を繰り返してしまう症状です。
【腸だけじゃない便秘の病気。】
便秘は腸だけに病気が現れるのではありません。便秘になって腸閉塞になると、腸が他の臓器を押して心臓麻痺になる場合もあります。また、腸が便の重みで破れてしまうと便が漏れ出してしまい、腹膜炎になります。腹膜炎は腸閉塞以外からでもなりますが、腸閉塞から起こる腹膜炎は重症の腹痛や嘔吐となります。
そして便秘で便が固くなってしまうと、便を出す時に痛みを感じる痔になりやすくなります。痔は再発しやすい、慢性化しやすいという特徴があるので、ひとたび痔になると痔に振り回される人生にもなりえます。
【体調悪化もある。】
腸の調子が悪くなると、病気になる前に体調が悪化します。代表的な悪化は、腹痛や嘔吐です。便が体内に溜まる事によってお腹が膨れてしまいますし、便が詰まっていると食べたものが入るスペースがなくなって嘔吐を起こします。
他にも便秘は肩凝りや頭痛を生み出しますし、冷え性、老化、肌荒れなども引き起こします。便から出る有害物質が体中を巡るからこそ体中に不調が出てしまうのです。そういった体の不調が続くと、老化を早めるばかりか生殖機能にも影響を及ぼします。歳を重ねると子宮が衰えて受精卵が育つ環境が悪くなりますし、卵子自体がなくなるなどが起こり得ます。男性は精子の奇形や精子の数が減るといった現象を起こします。
便秘になると風邪を引きやすいなどの体調の悪化に加えて、知らない間に生殖機能不全も導きかねません。
【万病の元はどうやって治す?】
便秘になると体調悪化があるばかりか、病気にもなるとなったら治すしかありません。便秘改善方法はいくらでもありますが、情報が豊富だからこそ情報を選別しなければいけません。どの情報が自分に合うのか、なにから始めれば良いかなどを考えて便秘対策をしないと、便秘は治りません。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、自分にあった便秘改善方法を教えてくれます。一口で便秘といっても便が少量でも出る便秘もあれば、全くでない便秘もあります。そして、どんな事を実践すれば良いかも便秘の種類によって変わってきます。便秘改善のために、なにから始めればいいの?と困ったら、「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムはきっと役立つでしょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム