ストレス太りの脳内作用

ストレス太りの脳内作用

ストレスで太る理由とは何なのかを詳しく紐解いていくと色々と原因があることがわかりました。

例えば、ストレスを感じると胃が痛くなるみたいに、人間の体はストレスを感じると体内のどこかにストレス反応として現れます。

ストレスを感じると脳から何かの指令があります。

脳がストレスを感じると大脳辺縁系が興奮します。

この状態が神経伝達物質に様々な影響を及ぼすといっても過言ではありません。

また、ドーパミンというホルモンが過剰に分泌されるようになります。

逆にレプチンという物質の働きが鈍くなります。

レプチンには満腹中枢を刺激する働きがありますが、うまく作用しない場合に食べ過ぎなどの行為が起こりやすくなります。

逆に、ストレスが原因で痩せてしまうという人もいます。

それは、ストレスが原因で食事が喉を通らないなど満足に食事を取ることができないことが原因にあるようです。

しかし、太りやすい体質の人はレプチンが正確な働きをしていないことからついつい食べ過ぎてしまうということになるようです。

ストレスが溜まっている時、カロリーを消費しないための信号を送っているのです。

そのためいくら食べても満腹にならないというのがストレス太りの特徴です。