ストレス解消には運動を

ストレス解消には運動を

ダイエットをする上で注意しなければならないのは、食べないなどの極端な生活を続けていると、ストレスがたまり、太りやすくなります。

いわゆる過食によるリバウンドの原因になります。

過食などになる前にダイエットの注意点をきちんと確認することが望ましいです。

ストレスで太る理由は脳にあると言われています。

なぜ、脳にあるかというと、食べたい家のみたいなどの指令は脳から発信されると言われています。

そのため長い間食べない状態が続いていると、過食症などの原因につながります。

では、ダイエットに必要なことは何か、それは摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことにあります。

食べた後には体を動かすことを心がけるとよいです。

例えば、外出先で食べたら歩くなどの行動はそれに当たります。

私は、大学から自宅まで5キロ以上歩いて帰る習慣がありました。

万歩計をつけていると、自然と歩いた歩数と消費カロリーがわかります。

また、歩く時にはアミノ酸など脂肪燃焼を助ける効果があるものをのみながら歩くと効果的です。

さらに、長い距離を歩くことはその分消費カロリーを増大させることにつながります。

歩くことはストレス解消や気分転換にもつながり、なおかつ消費カロリーを増やせるので、オススメしたい運動方法です。