食事制限ダイエットについて

食事制限ダイエットについて

ダイエットの中でも最もポピュラーなやり方に食事制限のダイエットがあります。

確かに食事制限ダイエットは、簡単です。

1日に必要としているカロリーを減らすだけのことです。

しかし、食事の誘惑に負けたりなど様々な障害があり長続きしない傾向にあります。

また、食事制限のダイエットは、ダイエット最大の敵とも言われている「停滞期」を招いてしまうという話も聞かれます。

安心・安全にダイエットするためには、過度な食事制限は極力控えることが望ましいです。

食事制限をすることのメリットは、短期間で痩せることができるということですが、期間が長いとリバウンドや停滞期の長さにつながります。

食事制限ダイエットの解釈として挙げられるのが、食事をしなくてもいいということであるといわれています。

しかし、食事をしないということは、健康上あまりいいことではありません。

このダイエットの最大の目標は、食事の量を減らしながらダイエットをしていくというものですから、食べないというのはよくないということがわかります。

いきなり1日の食事の量をへらすのではなく、日に日にゆっくりと減らしていくことが大切です。

例えば、風邪を引いて、医師の治療を受けていてもなかなかなおりにくいというのがそれに当たります。