マルチビタミンが尿検査の結果に与える影響とは

体調不良で病院へ行ったときなど、尿検査をすることがあります。

尿検査では、主に腎臓の働きや、糖、タンパク質の有無、白血球の数など様々なことが分かります。

尿検査の結果は、考えられる病気を絞ることや健康状態を知るために必要なものだと言えるでしょう。

しかしながら、尿検査は正しく受けなければ意味のないものになってしまいます。

意外と見落としがちであるのが、マルチビタミンなどのサプリ(健康食品)について。

マルチビタミンは、尿検査の結果にどのような影響を与えるのでしょうか。

病気を見過ごしてしまう恐れあり

マルチビタミンのうち、ビタミンCなどの水溶性ビタミンは、体に吸収されなかった分は尿として体外に排出されていきます。

そのため、「マルチビタミンを飲むと尿が濃い黄色になる」という人も多いですよね。

マルチビタミンを飲んだあとに尿検査をしてしまうと、本当はビタミンが欠乏状態であるにも関わらず、結果では「異常なし」になってしまうことも…。

現在の尿にはビタミンが溢れるくらいあるので、何かが欠乏していても気がつかないのです。

尿検査の結果だけを鵜呑みにしてしまうと、重大な病気を見過ごしてしまうかもしれません。

尿検査の前にはマルチビタミンを飲むことはやめ、万が一当日マルチビタミンを飲んでいるのなら、正直に打ち明けて医師の対応を待ちましょう。

まとめ

マルチビタミンが尿検査の結果に与える影響について、お話ししました。

マルチビタミンを飲んだあとの尿は、いつもより明らかに濃い色をしていることでしょう。

正しい結果がでなければ意味がありませんから、尿検査の前にマルチビタミンを飲むことは控えるようにしてくださいね。