腸内環境って聞くけどどうしたらいいの?今さら聞けない腸内環境とは?

【腸内環境とは?】
腸内環境という言葉はよく聞きますが、一体腸内とはどこなのでしょうか?
腸には小腸と大腸があり、腸内環境とは大腸の中の環境を言います。大腸は胃からきた食べ物を吸収して消化し、不要なものを便として排出します。それが腸の大まかさか役割ですが、実は腸はホルモンバランスを整えたり免疫力をつけたりなどの働きもあります。こういった働きから、腸は第2の脳と言われています。そのため、腸内環境を整えるという事は、消化吸収を上手くしてホルモンバランスを整える役割もあります。そして、風邪を引きにくい体にするのも腸です。

【腸内環境を整えるとはどういう事?】
次に、これもよく聞く言葉だと思います。「腸内細菌を整える。」です。整えるというのは、善玉菌を増やして悪玉菌を減らしていく事だというのは知っていますよね。だけど、悪玉菌を減らしてもいいけど全滅させてはいけないのです。なぜなら、悪玉菌は肉などを消化する時に利用されますし、善玉菌は悪玉菌がいないと上手く働かないという面もあります。腸内環境を整えるという事は、善玉菌があくまでも悪玉菌よりも多い状態を作り出す事です。だけどもあまり難しく考える必要はなく、加齢によって悪玉菌は増えやすくなるため、善玉菌を増やす事だけに集中していればいいのです。
腸内には菌が何兆個といます。その重量は、約1キロ〜2キロにもなります。それをコントロールするのが、腸内環境を整えるという事です。
【腸内環境が良いメリットとは?】
腸内環境を整えて、良い状態になるとメリットはたくさんあります。
まずは排便がスムーズになります。腸は便を作り出す場所そのものなので、環境が良くなればすぐに便に現れます。そして、便の排出がスムーズに行くと体の毒素がきちんと排出されるため、毒素が体中を駆け巡る事はなくなります。すると体臭や口臭などの臭いが気にならなくなりますし、毛穴詰まりも改善されやすいです。また、腸には免疫力を高める役割もあり、病原体が体の中に入ってきてもきちんと追い出してくれますし、ホルモンバランスも整えやすくなります。
【デメリットってある?】
腸内環境を良くして起こるメリットはたくさんありますが、デメリットはあるのでしょうか?
結論から言うと、腸内環境を整えて出るデメリットはありません。しかし、善玉菌の取り方に問題がある場合があります。それが食べ過ぎです。善玉菌である乳酸菌は、ヨーグルトやチーズ、キムチなどの発酵食品に多く含まれています。ヨーグルトは食べ過ぎると下痢しますし、チーズは塩分やカロリーが高めです。また、キムチは便秘の人がよくなる痔を悪化させてしまう可能性があります。善玉菌は高齢になってくると、体の1パーセント程度しかいなくなります。しかしだからといって、善玉菌を増やそうと無理をするのはよくありません。
【「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムで腸内環境を整える。】
善玉菌を増やすためには食生活がキーポイントですが、どうやって善玉菌を増やせば良いのか分からないという人もいるのではないでしょうか?前章でも述べた通り、食べ過ぎは体によくありません。そこで「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムでは、どうやって善玉菌を増やしていくのかというのを細かく書いてあります。なにをどのくらい摂取すれば良いのか、どうやって調理するかなどです。簡単に善玉菌を摂取する方法も書いてあるので、誰もが簡単に善玉菌を増やす食生活を始められます。
善玉菌を増やして便秘を治したかったり、腸内環境を整えて生き生きとした生活をしたければ、善玉菌にこだわって食生活を変えてみてもいいでしょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム