ダイエットには、歩くこととアミノ酸

ダイエットの身近な運動法といえばとにかく歩きことです。

つまりウォーキングはダイエットの中でももっとも効率よく痩せることのできるエクササイズであると言われています。

私もウォーキングを実践していました。

ウォーキングは、交感神経を抑制するための作用がありますから、食欲を抑えることも可能です。

もっとも基本的な時間は、食後1時間であると言われています。

歩く時間帯は昼でも夜でも構わないというのが正しい解釈であるととらえるのが良いです。

ウォーキングの最中には、水分補給も必要になります。

しかし、単なるスポーツドリンクでは糖分のとりすぎになる傾向がありますから注意が必要です。

私は、水分補給は、アミノ酸を導入していました。

当時は、マラソンの高橋尚子選手が愛用していた「ヴァーム」を飲んでいました。

蜜蜂の原理なども当時説明されていて記憶に残っている人も多いかと思います。

近年は、大手の健康食品会社をはじめアミノ酸は様々なところで発売されています。

水などに手軽にいれて混ぜれば簡単にアミノ酸ドリンクが出来上がります。

あとは、飲みながら歩くだけです。

いつでもどこでも水分補給ができます。

アミノ酸は、ウォーキングの数分前に飲むと良いです。