ミトコア300mgのおすすめの飲み方とは?

卵子や精子を若返らせることができると話題のサプリメントに、ミトコア300mgがあります。精子は毎回新しいものが精巣で作られていますが、卵子の場合は違います。実は、一生分の卵子はお母さんのお腹のなかにいるときにすでに作られているのです。その中から、成熟したものから順に排卵されていくわけです。初潮を迎える12歳頃から、閉経を迎える50歳頃まで毎月1回排卵はあります。しかし、歳をとれば当然卵子は古くなってしまいます。老化した卵子では自然妊娠することは難しく、たとえ体外受精であっても妊娠する確率は低くなってしまうでしょう。そんな「年齢による不妊」の救世主ともなるのが、ここで紹介する「ミトコア300mg」というサプリメントです。
ここでは、ミトコア300mgのおすすめの飲み方を紹介したいと思います。

【ミトコア300mgは飲む量が増えると妊娠率も高くなる?】

ミトコア300mgは医薬品ではなくサプリメント、健康食品です。そのため医師の処方箋は必要なく、明確な飲み方や使用法は指定されてはいません。自分の好きなように飲めばいいのです。
とはいえ、できることならより効果的な方法で飲みたいと思いますよね?どうせ飲むのなら、ミトコア300mgの効果を最大限に活かしたい!と思うのは当然のことです。ここでは、公式サイトの情報を元に、ミトコア300mgのおすすめの飲み方をご紹介していきますね。

まず、ミトコア300mgは1本あたり84粒が入っています。公式サイトによりますと、1日あたりの推奨量は3粒〜9粒だそうです。「妊娠」という効果をより早くに感じたいという人は、1日あたり6粒以上を飲むことをおすすめします。ミトコア300mgを飲む量と、妊娠確率は比例すると言われているからです。ミトコア300mgは卵子や精子のミトコンドリアに働きかけ、その働きを若返らせることのできるサプリメントなのです。ミトコア300mgの主成分であるイースタティックミネラルをたくさん摂取することができれば、その分早く妊娠という結果が得られるのは当然だと言えるでしょう。
30歳くらいの人なら、タイムリミットはまだ先なのでそこまで焦る必要はありません。しかし、すでに年齢が35歳以上、もしくは40歳を越えているというのなら話は違います。年齢とともに妊娠する確率はガクッと低下していきますから、やはり「より早い期間での効果」がほしいですよね。そのためにも、年齢による焦りを感じている人はケチらずに1日9粒を飲むことをおすすめします。そして、一度決めて飲み出した量を、できることなら妊娠するまで続けてください。常に同じ量のイースタティックミネラルが体内にあるという状況が、より妊娠をしやすくしてくれますよ。

【ミトコア300mgは夫婦で飲むと良い】

妊活というと女性が行うものというイメージがありますが、「女性だけが行う」というのは間違いです。妊活は夫婦で一緒に行うことで、より高い効果が得られるものなのです。ミトコア300mgの摂取に関しても同じです。本気で妊娠したい!と思うのなら、ぜひ夫婦で一緒にミトコア300mgを飲んでください。夫婦で1日6粒ずつ飲むと、ミトコア300mg1本は7日分ということになります。値段がちょっと高いな…と思うかもしれませんが、飲みはじめてすぐに妊娠することができれば、結果としてはリーズナブルだといえますよね。ミトコア300mgは男女兼用のサプリメントなので、わざわざ夫婦で別のものを購入する必要はありません。

ミトコア300mgは水かぬるま湯で飲むことを公式サイトではおすすめしています。できれば常温のものが良いでしょう。冷たい水だと胃が収縮してしまい、有効成分の吸収率が下がってしまう恐れがあるのです。ミトコア300mgを毎日欠かさず飲んで、「妊娠」という嬉しい結果が出せたらいいですね。