羊毛フェルトで作られた「夏休みのキャバリアちゃん」はとても可愛い

「夏休みのキャバリアちゃん」は、羊毛フェルトで作られた5800円の犬のぬいぐるみです。
モデルになった犬は美しい顔をしていると言われている、キャバリアです。
キャバリアは耳が垂れているのですが、ぬいぐるみでもしっかりと表現されていて愛らしいです。
また毛の色が茶色とオフホワイトではっきりと分けられているのも、とても凝っていると思えます。
それからつぶらな目と小さな口も、非常にキュートです。
キャバリアちゃん「」赤地に白のドットがデザインされたフレアワンピースを着て、ピンクのモコモコのポシェットをぶら下げているのも可愛いです。
頭にはリボン付きのネズミのミミ飾りが付いているので、ミニーマウスのコスプレをしているみたいでユニークです。
そのヘア飾りを取り外せるのもキャバリアちゃんを座らせたり立たせたり出来るのも、作り込まれている感じがします。
けれど羊毛フェルトなので、触っているとボサボサになってしまいます。
ぬいぐるみは飾るより触って可愛がりたい性分なので、ちょっと触りにくいところは嫌です。
すごく可愛いからこそ、ボサボサになってしまうのがもったいないです。
それと商品名に「夏休みの」と入っているのに、持っているポシェットはモコモコしていて暖かそうです。
なので商品名と、あまり合っていない気もしてしまいます。