あなたが便秘改善できなかった理由は腸にあるかもしれない。便秘の本当の理由とは?

便秘改善法は溢れているのに便秘の人は減らない。その理由は?

「若い時から便秘で、便秘薬を飲まないと便が出てこない。」「きちんと食事を食べているのに、お腹が便秘で膨らんでる。」「便秘改善方法を色々と試して、食生活にも気を使ってるのに便秘が治らない…。どうして?」と、便秘で悩む日本の人口は1000万人ほどいるのではないかと考えられています。便秘で悩んでいる人が多いから便秘改善グッズが溢れていますし、便秘に関する情報はたくさんあります。そして、悩んでいるからこそ誰もが便秘改善のために頑張ってあれこれ試しているのに、便秘が改善する気配がない…とさらに悩んでいる人も少なくないですよね。そこで質問なのが、便秘の原因は便が固いからなど便にあるとばかり信じていませんか?実は、慢性的な便秘の原因は腸にある可能性が高いのです。

腸内フローラのバランスを整え「善玉菌を育てる
3種ビフィズス菌+5種乳酸菌=350億個の善玉菌サプリメント

ねじれ腸、落下腸など腸が変形している。

慢性的な便秘の原因の8割は、腸の変形にあると言われています。変形とは、腸があるべき姿から形を変えてしまっているという事です。
例えばねじれ腸と呼ばれる変形は、腸がねじれてしまってカーブが多くなり、便がするりと道を進めない状態です。
また、落下腸は横行結腸という腸の上部が垂れ下がってしまい、腸が落下している変形です。垂れ下がった一番下に便が溜まってしまい、便の重みでさらに垂れ下がってしまうというのが落下腸の怖いところです。便秘で医師に相談する人の半数が落下腸だとも言われています。

便意に鈍感になっている。

次に便秘改善が難しいのは、そもそも便意を感じにくい体になっているのが考えられます。これを鈍感腸と言います。
便意を感じるというのは、神経細胞が働いて脳に便意を促すからです。神経細胞は、ストレスや緊張などで自律神経が乱れてしまうと変形しやすくなります。自律神経が乱れて交感神経が活発に働いてしまうと、体は緊張状態になるので血管を凝縮してしまいます。すると腸などの働きが悪くなり、腸内で悪玉菌が増えてしまいます。それにより腸が炎症を起こし、神経細胞が変形してしまうと言われています。
また、便に行くのを我慢していると神経が鈍感になって便意を感じなくなるとも言われています。

腸内フローラのバランスを整え「善玉菌を育てる
3種ビフィズス菌+5種乳酸菌=350億個の善玉菌サプリメント

下剤依存症になっている。

下剤依存症とは、下剤や便秘薬の使いすぎて起こる症状です。下剤や便秘薬は、服用するとすぐに便が出るようになります。その理由は、腸を刺激して無理矢理でも便を排便させるからです。たまに便秘で、出ない時だけ使うというのならば便秘薬を利用してもいいかと思いますが、慢性的な便秘で便秘薬なしではでないとなると、それは危険な状態です。なぜなら、薬で腸に刺激を与え過ぎて腸が刺激慣れしてしまっているからです。そうなるともう手遅れと言っていい状態です。腸は自ら動かなくなり、便は溜まる一方になってしまいます。その状態になったら、もう自分では排泄できません。早めに便秘外来などの医師に相談して下さい。便秘外来が近所になければ、消化器科か胃腸科です。保険適用になる場合が多いのですが、なかには適用外となる場合もあります。

腸内フローラのバランスを整え「善玉菌を育てる
3種ビフィズス菌+5種乳酸菌=350億個の善玉菌サプリメント

腸内環境が整ったら、効率よく最高の栄養を吸収!

↓ ↓ ↓ ↓

スプーン1杯で「6皿分の抗酸化野菜が摂れる
薬膳レベルのプレミアムスーパーフード
ドクターズチョイス プレミアムスーパーフード

便秘薬がいらなくなる魔法のプログラムとは?

便秘は便だけが原因ではなく、腸にも原因があります。だけども「便秘外来が近くにない。」「胃腸科に行くためには、会社を休まなければいけない。」と医者に行くとなると、そこでまた悩む人も多いと思います。また、便秘で医者に行くのが恥ずかしいという人もいますよね。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、医者いらずの便秘治療法です。誰でもできるプログラムなので、医者に行かずとも慢性的な便秘を改善できるかもしれません。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム