マルチビタミンで肌が黒くなるのを防げる?

日焼けをしたとき、肌が黒くなります。

一昔前ではこんがりと日焼けした黒い肌が人気の時代もありましたが、現代は美白の時代。

黒い肌は避けられつつあります。

紫外線を浴びると肌は黒くなりますが、同じように紫外線を浴びても、肌が黒くなる人もいればあまり黒くならない人もいますよね。

マルチビタミンを摂ると、肌が黒くなるのを防ぐことができるのでしょうか。

マルチビタミンの抗酸化作用に注目

紫外線を浴びて肌が黒くなるのは、肌を守るためにメラニンが大量に生成されてしまうから。

メラニンは肌を黒くすることから悪者扱いされがちですが、実は肌を紫外線という外部刺激から守っているのです。

しかしメラニンによって肌が黒くなるのは事実ですから、なんとかしてメラニンの生成を抑制しなくてはなりません。

そのために注目なのが、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化物質。

特にビタミンCにはメラニンの生成をブロックする作用があるため、積極的に摂りたい成分の1つと言えるでしょう。

ビタミンCは単体よりも他のビタミンとまとめて摂ることが推奨されていますので、マルチビタミンとして摂ることがおすすめです。

まとめ

マルチビタミンを積極的に補うことで、肌が黒くなるのを防ぐことができます。

しかし、紫外線を大量に浴びれば、どうしても肌は黒くなってしまいますから、肌を黒くしたくない人は紫外線対策も怠らないようにしてくださいね。