タラバカニはカニ鍋で!最後が、シメの汁。 旨味の凝縮された汁はご飯と卵でカニ雑炊でいただきましょう。間違いなく絶品です!

タラバカニはカニ鍋で!最後が、シメの汁。 旨味の凝縮された汁はご飯と卵でカニ雑炊でいただきましょう。間違いなく絶品です!


冬はカニが美味しい季節ですね(^_^)
カニにも毛ガニ、ズワイガニと種類がありますが、値段的に見てカニの王様なのはやはりタラバガニではないでしょうか。
タラバガニの魅力はなんといっても太い足!
食べ応えのある厚みのある身はプリプリ、噛むとじゅわっと旨味か溢れ出てくるのがたまりません。
そんなタラバガニは茹でてよし焼いてよしですが、私が特にお勧めする食べ方はカニ鍋です。
まず鍋には酒と昆布だしを。
カニからもだしが出るので、昆布だしは薄めでよいかと思います。
沸騰したら具材を投入、火が通ったら出来上がりな訳ですが、ここで私のこだわりをいくつか…。
ひとつめは、具材の種類です。
カニ鍋なのでタラバガニの投入はもちろんですが、他はあまりごちゃごちゃしないほうがカニそのものの味が楽しめると思うので、ごく基本的な鍋野菜のみがお勧めなんです。
白菜やネギ、椎茸くらいで丁度いいと思います。
ふたつめは、火の通し時間です。
カニに火を通しすぎると身が縮み本来持つプリプリ感を失ってしまいますから、目を離さず最良のタイミングで引きあげるのが大事です。
そして最後が、シメの汁。
旨味の凝縮された汁はご飯と卵でカニ雑炊でいただきましょう。間違いなく絶品です!

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。