カニ味噌は新鮮なうちにつゆといっしょに食べるのがおいしい。

おいしい毛ガニの食べ方は、まずハサミを使ってさばくところから入る。
ハサミで毛ガニの足の根元を切る。反対側も同じく切る。そしてツメの部分も落とす。裏のフンドシの部分をハサミではずす。

次に甲羅の部分を下にして前の部分に親指を入れてはがす。中にカニミソが入っている。身体の部分にも付いているカニミソを落としていっしょにしておく。

ビラビラしているエラは食べられないので指でつまんでむしりとっておく。中心線に沿ってハサミで2つに切っておく。足の真ん中、直径の部分をぐるりとハサミで切ってゆく。2つに分けてこれで食べやすい状態になる。
足の切り方は外側の丸いカーブに沿って切ってゆく。身はきらずにカラだけ切る。最後にツメの部分の切り方は真ん中から豪快に切る。これで用意はできた。
毛ガニを水洗いして汚れを取り除く。水1Lに対して塩20〜30グラム入れて湯を沸かせる。甲羅を下にして茹で、再沸騰してから20分ほど茹でて後、冷水に入れて冷やす。

カニ味噌は新鮮なうちにつゆといっしょに食べるのがおいしい。栄養も多く特にカルシウム、ビタミン、ミネラルが豊富。市販品のカニつゆにつけて食べるとおいしいし、ポン酢につけて食べても良い。又、カニ雑炊を作ってもおいしい。