マヨネーズに蟹味噌とレモン汁を少々加えて混ぜたソースに毛ガニの身をつけると…

毛ガニは蟹の中でも、さっぱりとした身と濃厚な味噌がとてもおいしいですが、この毛ガニを更においしく頂くには、やっぱりボイルしたものをどんなものにつけて頂くかで決まると思います。

毛ガニは、やや甘めの蟹酢などでさっぱりと食べるのも美味しいですが、柚子やすだちなどをしっかりと絞ったポン酢や、マヨネーズベースの濃厚なソースも大変合います。このマヨネーズソースは大変万能です。マヨネーズに蟹味噌とレモン汁を少々加えて混ぜたソースに、毛ガニの身をつけると、マヨネーズのまろやかさに毛ガニの味噌の濃厚さが混じって凄く美味しくボイルした毛ガニにマッチします。これは子供も大好きな味なんでお勧めですね。

そして、このソースは様々な毛ガニレシピの脇役として、大活躍します。毛ガニの身をほぐしておいて、先ほどのマヨネーズソースと混ぜた後に、ゆでてスライスしたじゃがいもの上に乗せて、チーズをかけてオーブントースターで焦げ目が付くまで焼くと、香ばしいチーズと毛ガニがマッチして、大変おいしいビールのおつまみにもピッタリのメニューになります。

毛ガニのマヨネーズソース合えが翌日まで残っている場合は、そこに刻んだ玉ねぎと胡椒を少し加えて、フランスパンの上に乗せたらオーブントースターで焼きます。仕上げにパセリを振りかければ、おしゃれなオードブルや、朝食としてもピッタリのブルスケッタの出来上がりです。毛ガニは身が大変細かいので、身をほぐせなかった部分は、お味噌汁に加えたり、雑炊の出汁として使うのも、まるごと毛ガニを味わえます。

まさに捨てる場所が無いのが毛ガニの魅力と言えるでしょうね。