つまらない時こそ笑ってみよう!笑うことで癌細胞が消えたという例もあるそうです。「心から笑う」ことでNK(ナチュラルキラー)細胞を増やすことで結果として癌細胞を殺すことができるということ。

笑う門には福来たるということわざがあるように、笑うということは良いことなのです。笑うということは健康にも良いことです。

悩みまくっていると体の具合まで悪くなってしまったという経験はありませんか?病は気からという言葉もあるように、笑っていれば具合が悪くなることもありません。難しいかも知れませんが、特に面白いことがない時でも笑顔でいるといいみたいです。いつも口角を上げてニッコリと。いつもにこにこ笑っていると、特別面白いことがなくても脳が勘違いして、無意識に楽しいことを探そうとするそうです。無意識で勝手にワクワクしてしまうということです。

この話は読んでる本にもよく書かれていることなのですが、心療内科のお医者さんも同じことを話していました。悲しい時は無理して笑うことはないと思いますが、なんか面白いことないかな〜という時は笑ってみては如何でしょうか?

なんと、笑うことで癌細胞が消えたという例もあるそうです。極端な例かも知れませんが、笑えば病気が治ってしまうということも不可能ではないのかも知れません。誰かと一緒にいる時にニヤニヤしていると気持ち悪がれるので、一人でいる時にお部屋で是非やってみて下さいね。

追記

気になって調べてみると「笑い」はガン細胞を減少させることが医学的に実証されているそうです。ガン細胞をやっつける NK(ナチュラルキラー)細胞 という、すごい細胞があるということです。このNK(ナチュラルキラー)細胞は最近の研究によると「笑う」ことによって増えるということです。つまり「心から笑う」ことでNK(ナチュラルキラー)細胞を増やすことで結果として癌細胞を殺すことができるということ。

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)~ガン改善率100%への挑戦~も合わせて読んでみて下さい。

笑った事でプラスになったことや幸せになったことなどをコメント投稿してみて下さい♪