マルチビタミンとお酒の関係とは

マルチビタミンは、お酒を飲むときに飲んでおくと良いという話を聞きますが、それはなぜなのでしょうか。

お酒を飲んだあと、二日酔いの症状に悩まされている人ほど、マルチビタミンを飲むことがおすすめ。

お酒とマルチビタミンの関係について、お話ししていきます。

お酒は体内のビタミンを減らす

アルコールを体内で分解するためには、大量の水分とビタミンを消費します。

お酒を飲むと喉が渇くのは、体内の水分を大量に消費しているためなんですよ。

それと同時にビタミンも消費するため、翌朝になっても体がだるい、頭が重いといった、いわゆる「二日酔い」の症状が出てしまうわけです。

二日酔いになりやすい人は、普段からビタミンが不足していることも考えられますので、しっかりとマルチビタミンで補っていきましょう。

特に、お酒を飲む前にマルチビタミンを飲んでおくと、お酒によるダメージ、二日酔いのリスクを減らすことができるでしょう。

お酒を飲むのが好きという人、頻繁にお酒を飲む人は意識してマルチビタミンを摂ることをおすすめします。

ただし、マルチビタミンを摂れば二日酔いにならないというわけではありませんので、お酒は飲み過ぎないようにし、ほどほどに楽しむようにしてくださいね。

まとめ

マルチビタミンとお酒の関係について、お話ししました。

お酒を飲むとビタミンが減ってしまうので、お酒を飲む前にマルチビタミンを飲んでおきましょう。

少しでも、お酒によるダメージを減らして、楽しくお酒を飲めるといいですね。