今までいろんな便秘改善法を試したけどダメだった。それって、ねじれ腸かも?

【便秘改善法を試したけどダメな理由とは?】
便秘は多くの女性を悩ませている症状ですよね。若い女性から大人の女性まで様々な年代の人が便秘に悩んでいます。また、女性だけではなくて男性や子供も便秘がちだという人がいますし、歳をとっても便秘はなかなか改善しないという人もたくさんいます。
便秘に悩む人は、多くの人が便秘解消のために色々と食生活を工夫しています。野菜を食べる、青汁を飲む、水を飲むなどが便秘解消のための方法ですが、これらは全て便を柔らかくする方法です。それでも便秘と言うならば、もしかしたら便秘が治らない理由は便に問題があるのではなく、腸に問題があるのかもしれません。いろんな便秘改善法を試したけどダメならば、便ではなくて腸に注目してみましょう。
【腸がねじれている。】
腸がねじれてしまうなんて痛くて怖いイメージがある…となにかの病気のように考えてしまいがちですが、実は日本人の大半がねじれ腸なのではないかと言われています。
腸はきれいな形をしていると、丸や四角のように輪を作っています。それがねじれてしまうと、輪がなくなって腸が変な風に入り組んでいるような形になったりなどカーブが目立つようになります。
そしてここのカーブに便が詰まってしまうと、便は腸内を上手く曲がれなくて排泄しにくくなります。すると便が柔らかくても、腸内を移動できなくて便秘になってしまいます。健康な人の便は水分が80パーセントも含まれていますが、それが体内に吸収されてしまうと便は固くなり、余計にカーブを曲がれなくて便秘が慢性化してしまいます。これがねじれ腸です。
【ねじれてしまう原因とは?】
腸がねじれてしまう原因は、日本人の腸が欧米人より長いからではないかと言われています。日本人は昔から野菜中心の生活でした。野菜は消化に時間がかかるので、腸を長くしてゆっくりと消化していくのが日本人にあった腸でした。長いがゆえにねじれやすいのでは?というのがねじれ腸の原因です。
また、腸の形は遺伝するため、親がねじれ腸だから自分もねじれてしまうというのも理由の1つです。
さらに運動はねじれた腸が動いて元に戻りやすいのですが、運動不足によってねじれ腸が元に戻らないのではないかとも言われています。
【こんな人は腸がねじれているかも。】
日本人の大半がねじれいるという事は、もしかしたら自分もねじれ腸かも…と不安になりますよね。そこで、こんな人はねじれ腸かもしれないというのをチェックしてみましょう。
腸の形は遺伝するため小さい時から便秘がちだった、ねじれたところを便が通るため排便時に腹痛がある、便秘の後は不思議と便が柔らかくなる、日常生活で運動をしないなどです。どれか当てはまり、便秘改善方法を試してみてもダメならばねじれ腸の疑いがあります。

【どうすればいい?】
ねじれ腸の疑いがあるならば、便秘外来を受診したり、マッサージや運動でねじれを治すという方法があります。また、ねじれていると便が流れにくいため、便を柔らかくするために水分をとったりなどの努力は欠かせません。
それでも、もしまだ便秘が改善しないというならば「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムを利用してみましょう。ねじれ腸以外にも腸の機能不全などの理由で便秘になっているかもしれないので、色んな便秘解消法を試してみるべきです。このプログラムを作った人自身も酷い便秘に悩まされていたため、便秘を改善する方法がたくさんあります。便秘外来を受診するのはいいけども、なかなか自宅の近くに相談できる医院がなければ、「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムを利用してみてもいいと思います。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム