女性の死因の第1位は大腸がんだった!原因や予防策とは?

【女性の死因ナンバー1はなに?】
平成24年のデータですが、その年に亡くなった女性で一番多かった死因はがんでした。死亡した女性の24パーセントをがんが占めています。そして、がんの中でも最も数が多かったのが、大腸がんです。女性というと乳ガンが一番多いんじゃないの?と思うかもしれませんが、乳ガンはしこりなどで早期発見をして完治する場合が多いので、がんの中での死亡者数は第5位です。
昔はがんと言ったら胃がんが男女ともに最も多かったのですが、最近は大腸がんで死亡する人が数を伸ばしています。その理由とはなにか、どうすれば予防できるのかなどを書いていきます。
【大腸がんとは?】
大腸がんの発生は2方法あります。1つは良性のポリープの一部ががんとなったものです。ポリープとは大腸の中で隆起になったものです。それだけならばなにも悪さはしないのですが、ポリープが大きくなっていくとなにかの刺激でがんになっていく可能性があります。40代ぐらいからポリープが定期検診で見つかる場合が多いです。
もう1つの方法が、大腸がんが大腸の粘膜から発生してしまう方法です。それが大腸に深く根を下ろしてしまい、他の部分に転移していってしまいます。
ポリープが見つかる事に関してはなにも警戒するものではありません。ポリープ=がんというわけではありませんし、経過を見て大腸かどうか判断する事になります。

【大腸がんの原因とは。】
なぜ近年になって大腸がんで死亡する人が多くなっているのかというと、それは欧米化の食生活にあります。
大腸がんになってしまう食生活の原因とは、牛肉や豚肉など赤身の肉やベーコンやハムなどの加工肉を食べる事です。そして、身長が高い人ほど大腸がんを発病する確率が上がります。遺伝で大腸がんになるという確率もありますし、飲酒喫煙も大腸がんになりやすくなります。
昔の日本人は魚を食べる機会が多かったのですが、最近は肉を食べる機会の方が多くなったという人は多いのではないでしょうか?心当たりがあるのならば、大腸がんになってしまう確率は上がってしまいます。
【症状はある?】
大腸がんになってしまった時に症状はあります。初期症状は、血便や便がまだ体内に残る感じがする、お腹が張る、腹痛、下痢と便秘の繰り返しなどがあります。これらの症状は、便秘や痔と似ています。痔になれば血が出てくるため、血便と間違いやすいですよね。また、お腹が張るや腹痛がするというのは、便秘と同じ症状です。下痢や便秘を繰り返すというのは過敏性腸症候群という病気も同じ症状です。
こういった症状はあったとしても、痔や便秘と同じような症状なので大腸がんは気づかれにくいです。
【大腸がんを予防するためには】
大腸がんを予防するためには運動したりなどの色々な方法がありますが、便秘を治すというのも大腸がんを予防する方法です。便秘は体内に便が留まっている状態で、その便から毒素や有害物質、発ガン性物質が発生しています。大腸がんになりやすい場所は直腸という腸の一番最後の部分で約38パーセント、次に大腸がんになりやすいのが、S状結腸と言われる直腸の次に肛門に近く、腸がカーブしている場所です。ここは34パーセントのがん発生率です。他の腸の部分は多くてもがん発生率が10パーセント程度なのに、肛門に近い場所のガンが多発しているという事は、それだけ便が溜まっている場所からがんが発生しやすいという事です。だから便秘で便が留まる時間が増えると、それだけ大腸がんになりやすいという事になります。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、便秘を改善するための商材です。がんを予防するためにも、便秘を治していく事から初めていきましょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム