人見知り改善のコツ

人見知りの改善のコツがあります。
人見知りというと、子供が知らない人に対して恥ずかしがったり、嫌がったりすることですが、大人のも人見知りという言葉が使われることがあります。人付き合いが苦手な人や、コミュニケーションが苦手な人にも人見知りなどという言葉が使われることもあります。芸能人の間でも人見知りだから…などと言われていることもあるほど、現在では大人にも共通の言葉であるようになってきました。

人見知りは本来子供の頃からのもので、子供から大人に成長するにあたり、人見知りもだんだんと改善されていくものですが、中には大人になってからも人見知りが改善されない方もいらっしゃいます。
そのような方には、人見知りが改善できる方法があります。

人見知りは生まれつきのものと考えられていることも多いようですが、考え方が原因である場合もあります。
人に備わっている考え方のパターンがいくつかあり、それらのパターンによって人見知りの原因であることも言われています。

人見知りを改善するには考え方のパターンを変えるだけで、楽に人見知りが改善されます。

○他人はそれほど自分を見ていない(興味がない)⇒他人から拒絶や批判されても何も起こらないのです。(命や心身に影響はないのです。全然大丈夫なのです。)

○他人も人見知り⇒初対面に不安感や偏見などがありますが、慣れると普通に接していけるようになります。
 他人も人見知りだと分かれば、自分から心を開くことができます。
 他人のそっけない態度は、人見知りだからと分かれば不安がなくなり、人に与えるようになります。
 
○他人への偏見をやめてみる
 不安⇒思い込み⇒偏見
 ネガティブ⇒ポジティブに思い込む癖⇒明るい人になれます

○人見知りの人=ネガティブに思い込む癖=自分で反省する癖があるので、
自分の悪いところを考えるよりも、良いところや、上手くできたことなどに視点を合わせるようにするといいです。⇒自分をどんどん誉めましょう。

○会話の下手・苦手は問題なし
 他人への温かな態度があれば、他人は好意を持ってくれます。
 笑顔で心を開けばどんどん人見知りも改善されていきます。

○自分から率先して挨拶もする⇒他人から良い印象を持たれます。
 自分から挨拶すると、笑顔で挨拶を返してもらえます。
 ⇒コミュニケーションの体験をより多く積んでいくことができる⇒
 さらなるコミュニケーションの体験数次第で、ポジティブなセルフイメージもどんどん膨らんでいきます。

○人見知りの人=他人のこともネガティブに見ている場合が多い
 ⇒他人のポジティブなところを見るようにすると、自分のことも他人のこともポジティブに捉えられて、全てのことにおいてポジティブに捉えられるようになります。⇒他人への恐怖心も薄れていきます。

○話す他人に興味を持つ⇒会話が盛り上がる

○セルフイメージを上げる
 ・大きな声で話す(自然に自信が溢れてきます。)⇒他人も自信がある人だと思います。
 ・笑顔でいる⇒自分も他人もポジティブでいられる効果がある
 ・見た目も演出する⇒なりたい自分になれる⇒他人からも見られたい自分に見てくれる⇒自信が持てる

人見知りの人の長所
 ☆繊細である
 ☆他人や周囲の空気を読む力に長けている
 ☆他人の気持ちを汲み取る力がある
 ☆リーダー的才能に長けている

人見知りの人は、限りなく大きな可能性を秘めています。
他人の気持ちを汲み取って、温かい人間関係を築ける可能性が大いにあります。

人見知りの人はこれから良くなれる可能性がたくさんあります。
自信を持って、楽しく改善していきましょう。