毎日お腹が重くて痛くてつらい‥。それって花粉症の薬に原因があるのかも。

【花粉症の薬には副作用がある。】
花粉症ならば、花粉の季節になると薬が手放せなくなるという人も多いのではないでしょうか?そして、花粉症の薬を使った事がある人ならば多くの人が経験するのが、副作用です。副作用が弱い薬がリリースされるなど、いかに副作用で悩む人が多いのかが分かります。
花粉症の副作用は、眠気や頭痛といったものの他にも便秘や下痢、太りやすくなるなどがあります。薬には副作用がつきものではありますが、副作用が強くて発売が中止になった薬もあるなど、花粉症と副作用は切っても切り離せないのが現状です。
【花粉症の薬で便秘になるのはなぜ?】
それでは、花粉症の薬の副作用で便秘になってしまうという事にクローズアップしてみましょう。
なぜ花粉症の薬で便秘になってしまうのかというと、それは花粉症の薬が腸の動きを緩める作用があるからです。抗ヒスタミン剤と呼ばれるものなので、花粉症だけではなくてアレルギーを緩和する薬にも入っています。 抗ヒスタミン剤には抗コリン作用と呼ばれる力があります。コリンとは、副交感神経が活発になっている時に分泌されるものです。副交感神経は体のリラックス機能を司りますが、それを無理矢理に分泌を抑えるため、交感神経と副交感のスイッチが乱れて自律神経が影響を受けます。便秘は自律神経の乱れで腸の働きが悪くなるのが原因なので、結果的に花粉症の薬を利用すると便秘になりやすくなります。
【処方された薬でも便秘になる?市販薬はどう?】
市販されている薬には抗ヒスタミン剤と書かれていて、便秘になりやすいというのが分かると思います。では医師に花粉症を相談してもらった処方薬はどうなのでしょうか?
処方される薬でも、コリン作用を抑える薬というのはあります。成分名まで書いてもあまり記憶に残らないと思うので成分名は省略しますが、その成分は1つではありません。複数あるので、便秘成分がない薬を作ってもらうのは不可能ではないかと思います。
また、市販されている薬でも便秘にはなり得ますが、副作用を抑えている薬があるので便秘に悩むのならば、そういった薬を使うと良いかもしれません。ただし、そういった薬でも便秘にならないとは言いきれません。
【花粉症の薬を飲んでいる間、便秘にならないために。】
花粉症の薬を飲んで、必ずしも便秘になるとは限りません。便秘になる人もいれば、全く便秘にならない人もいます。しかし、普段から便秘になりやすい人や便秘の人は花粉症の薬を飲む事で便秘が悪化する場合もあります。それじゃあどうすればいいの?となったら、花粉症の薬を飲んでいる間は積極的に多く水分をとる、野菜を食べるなどの便秘になりにくい習慣を身につけていくといいでしょう。花粉症の薬と便秘の薬を組み合わせても良いのですが、そうすると腸は花粉症の薬のゆっくり働くという命令と、便秘薬の腸に刺激を与えるという命令で混乱しかねません。そのため、できるならば腸の働きがゆっくりでも便がするんと肛門まで落ちていけるよに、水分や食物繊維を積極的にとるのがおすすめです。
【花粉症の薬と便秘を上手く付き合わせてあげるためには。】
最後に、もし便秘と花粉症の薬に悩まされてどうしようもなくなった時のアドバイスを紹介します。そのアドバイスは、私が与えるのではなくて「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムを実践してみる事です。慢性的な便秘に悩む人を救ったプログラムなので、きっと役立つはずです。便秘は慢性化すると命の危険がある事や、自分でするんと便を出す方法が載っています。プログラムを実践すると、14日以内には出るとホームページでは書いてあるので、花粉症と便秘に悩むならば是非とも実践して下さい。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム