ワキガの治し方。ワキガは耳垢でチェックできる!デオドラント剤の量や質に注目!

ワキガの治し方。ワキガは耳垢でチェックできる!デオドラント剤の量や質に注目!

ワキガを治したい人は、体の洗いすぎとデオドラント剤のつけすぎに気を付けましょう。
体のニオイが気になって、体のニオイを消そうと体を洗いすぎてしまうかもしれませんが、洗いすぎるのは逆効果になってしまいます。
また、いいニオイにしようとデオドラント剤を大量につけるのも、逆に臭くなってしまったりします。

体の洗いすぎとデオドラント剤のつけすぎが原因で、皮膚の善玉菌が死んでしまう場合があるのです。
皮膚の善玉菌が死んでしまうと、善玉菌がいないことをいいことに、繁殖力の強い悪玉菌が繁殖してしまいます。
悪玉菌は悪臭を作る原因なので、悪臭菌が増えることで余計に体のニオイがキツくなってしまうのです。

さらにデオドラント剤はワキガのニオイと混ざってしまいます。
ニオイが混ざってしまったことで、より強い悪臭を放ってしまうのです。
汗を掻いて臭っている体に、香水を沢山振りかけるとその香水の強い香りと汗のニオイが入り交じって、変なニオイになることがありますよね。
いいニオイのデオドラント剤と悪臭であるワキガのニオイが混ざると嫌なニオイになってしまうのも、汗と香水のニオイが混ざったらおかしなニオイになるのと同じなんです。
だからデオドラント剤をつけすぎることは控えないといけないのです。

デオドラント剤を使うなら、最近では直接体につけるタイプではなく服や下着につけるデオドラント剤もあるので、ワキガの人はそのタイプを選ぶといいでしょう。

服や下着につけるデオドラント剤は、直接肌につけない分、安全性があります。
また、デオドラント剤のつけすぎを防ぐことかできるので、つけすぎにより善玉菌を死滅させて悪玉菌を大量に繁殖させることもありません。

ちなみにデオドラント剤とは、体臭や汗などの悪臭を取り除くことができる薬のことです。
制汗剤もデオドラント剤のひとつでもあります。

ようするに、ワキガの人はあまり神経質になりすぎるのもよくないのです。
神経質になりすぎて、あれこれといいニオイにしようとしてしまうと余計に臭くなってしまうのです。

最後に、ワキガの状態の簡単な調べ方と「状態にあったケア」について書いておきます。
ワキガの状態を簡単に調べる方法は「耳垢」です。
耳垢の状態のにより、ワキガの程度がわかります。

耳垢がまるで溶けているかのように緩く、ベチャッとしている場合は、ワキガの状態がかなり強いと見られます。
ワキガの状態が強い場合は、殺菌作用が強いデオドラント剤を選ぶといいでしょう。
殺菌作用は塩化ベンザルコニウムなどの成分に含まれています。

耳垢が溶けているほどではありませんが、少し柔らかく濡れているような場合は、ワキガの状態はそこまで強くありません。
ワキガの状態が普通~軽い場合は、優しい抗菌剤を使うといいでしょう。
優しい抗菌剤はフェノールという成分が当てはまります。

耳垢がまったく柔らかくない場合は、ワキガではありません。
汗のニオイなどが強くなっているだけのようです。
この場合は、カテキンなどの消臭効果のある成分の入ったものでワキを拭くだけでもニオイを抑えられます。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)