ニキビの予防とケア

お風呂に入る時に是非取り入れてほしいのが、温冷シャワー。 血液の循環がよくなり内臓が活性化されるのです。やり方は、お湯の温度を40〜42℃に設定して、オヘソの周りに当てて15秒間くらいシャワーで時計回りに円を描くように当てます。
次に温度を20〜22℃に変えて、同じ要領でシャワーを当て、これを3回繰り返します。これでニキビの予防やケアも期待できます。お風呂上がりには水を飲むとさらに効果がアップします。また、20代からのニキビは精神的なストレスが原因の場合もあります。
くよくよせずに、たまには楽観的に考えることも肌には必要なのです。 自分なりのリフレッシュ方法をみつけるのもニキビ予防にもなります。
亜紀 30後半

わずか3分から実践できて
翌朝には違いが分かる
桜井式ニキビ改善法パッケージ