しょっちゅう風邪引くし花粉症も年々悪化している。それって便秘が原因なのかも。

【便秘で風邪になる?その理由とは?】
便秘と風邪はあまり関係ないように思えますよね。風邪は免疫力の低下から起こるものですが、便秘は便の水分がなくなってきて便が固くなり、排出が難しい症状です。そのため、2つは結ぼうにも結び付かないかもしれませんが、便秘が免疫力を落としている可能性もあるのです。
本来ならば、体には免疫力があるので外から入ってきた病原体やウイルスを退治する力があります。風邪はなんらかの原因で免疫力が落ちてしまい、病原体が入ってくる事です。そのなんらかの原因が、便秘によって生み出された腸内の悪玉菌です。便秘になると、便から有害物質が分泌されます。それが悪玉菌を増やしてしまい、免疫力が下がって風邪に勝てなくなります。だから便秘は風邪になりえるのです。
【便秘と花粉症は関係あり?】
花粉症も便秘と関係あります。便秘を和らげる事ができれば、花粉症も和らいでいく可能性があるんです。
花粉症は、一種のアレルギー反応です。体の中に入ってきた花粉をやっつけようと体が反応してしまい、異物を押し出すために咳やくしゃみを繰り返します。そういった体の反応は、腸が役割を持っています。腸は体に入ってきたものを必要ならば吸収しますし、不必要ならば排出します。便秘になると、腸の悪玉菌が増えて腸が上手く機能しにくくなります。それゆえ、エラーが生じて花粉症になってしまうのです。そのエラーを正すためには、便秘を治して腸内環境を整えるようにしましょう。
【風邪にありがちな吐き気は便秘だから?】
風邪になると、気持ち悪くて吐き気を感じる事がありますよね。それは体の働きが上手くいかなくて、抵抗力を弱めているからです。しかし、便秘でも吐き気がある場合があります。もし便秘で吐き気があるならば、体の中は最悪な状態になっていると言えます。
便秘で吐き気を感じるようになると、腸がもう便でいっぱいになり、食べ物を詰め込むスペースがなくて吐いてしまうという事があります。 
風邪かと思ったら、実は便秘で吐き気があるというのは十分に考えられる事なのです。まさか便秘で風邪になるなんて‥と思うかもしれませんが、体の器官は1つにつながっています。どこかがエラーになれば、他の場所もエラーになりやすいのです。
【風邪が長引くならば便秘を疑おう。】
便詰まりでお腹が張って苦しいから吐き気があるなど、風邪の吐き気と便秘の吐き気は原因が違います。しかし、風邪を引いて吐き気があるのか、それとも便秘で吐き気があるのかは診察してみないと分かりません。そこで、風邪が治ったのに吐き気だけ長引いてしまう、風邪かと思ったら熱がなく、吐き気だけあるなどといった時は、便秘を視野にいれていきましょう。風邪ではなく、便秘で体が危険信号なのかもしれません。便秘で吐き気があるというのは、便秘で亡くなった複数の方が体験している症状です。吐き気を感じるまでに腸に便が溜まると緊急手術も必要になるかもしれないので、吐き気は軽く考えてはいけません。
【「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムのメリットとは。】
もし風邪や花粉症が便秘由来のものならば、便秘をすぐに治すべきです。「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、慢性的な便秘で悩む人のための商材です。このプログラムは普通の便秘改善法とは違い、薬にも医師にも頼らないでできるプログラムです。メリットは、自分の力で便秘を治していくところです。便秘を自己治癒していきたいと思うならば、迷わずおすすめするプログラムです。モニターさんは14名中、11名が便秘を克服したという優れものの教材です。一度詳しく見てみてはどうでしょうか?

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム