ワキガの治し方、ワキガを改善したいなら、食事にも気を使いましょう。

ワキガの治し方、ワキガを改善したいなら、食事にも気を使いましょう。

ワキガで困っている人にはぜひとも覚えておいてほしい知識があります。
実はワキガは「その日に食べた食事が翌日のワキガの臭いに差を出す」のです。

その理由はワキガの人の食べ物の排出方法が関係しています。
ワキガ体質の人は、食べたものを脇から排出させてしまうのです。

そのため臭いの強い物を食べるとその食べ物に近い臭みを脇から発してしまうのです。
臭いの強い食べ物は、ニンニクのよく利いたステーキや、焼き肉、香辛料の利いたカレーライスなどが当てはまります。
なので臭いの強い物を食べるのは控えるようにしましょう。

また「洋食よりも和食の方がワキガの人にはおすすめ」です。
なぜなら、和食は洋食に比べて刺激臭が少ないからです。
刺激臭が強いと脇から発する臭いも強くなってしまうので、なるべく刺激臭のしない和食を中心とした食事を心がけましょう。
ちなみに納豆には臭みはありますが、納豆の臭みは発酵が原因です。
また、納豆に含まれているのは善玉菌で、体が臭う原因にはなりません。

またワキガの人は、お肉を食べるのも控えるようにするといいでしょう。
お肉には脂肪分が沢山含まれていますが、ワキガの人が脂肪分を摂取すると脇から脂が出てしまうのです。
脂が出てしまったことで脇はベタベタになりますし、当然臭いもします。
しかも植物性の脂と比べて動物性の脂は臭いが強いのです。
なので、ワキガが気になる人は動物性の脂を減らしましょう。
動物性の脂の摂取を控えるだけでワキガの臭いを減らすことができます。

また、質の悪い油を使うのは辞めましょう。
料理をするときには欠かせないのが油ですが、質の悪い油は身体が拒否反応を起こしてしまいます。
そのため脇から油が排出されて、臭いのもとになってしまうのです。
なるべく良い油を手に入れるためにも、原産国が危ういところの油を購入するのを辞めましょう。
また、油を開封したまま放置しておくと埃や汚れが混ざり、汚くなってしまいます。
目には見えないかもしれませんが、確実に開封前に比べて質が落ちているのは確かです。
なので油の質が落ちる前に使いきりましょう。

それからワキガの人は食べる時間と量にも気を使わなくてはなりません。
昼は普通に食事をしても大丈夫なのですが、朝と夜は気を付ける必要があります。

まず朝ごはんですが、午前中に食べるものはなるべく軽い物にしてください。
ヨーグルトとシリアルあたりの軽い物がいいでしょう。
朝からがっつり食べてしまうと内臓にも負荷がかかります。
そのため臭いの排出がうまくいかず、余計に脇を臭わせてしまうのです。

また夜ご飯も食べる時間によっては、内臓に負担をかけることがあります。
その時間帯は夜中です。
夜遅くに大量にご飯を食べることで、内臓を刺激してしまうのです。
ですから夜に食事をするのも控えた方がいいのです。

なるべく早い時間に夕食を済まし、小腹が空いたら臭いの少ないパンか何かを食べるのといいでしょう。
サラダは臭いは少ないですし、美容にもいいので特にオススメです。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)