ワキガの治しかた。脇毛の処理もワキガを改善することに繋がっています。

ワキガは脇毛の量や濃さによっても、変わってきます。
脇には「アポクリン」という汗腺があるのですが、その「アポクリン」という汗腺から分泌される汗が常在菌と混ざることで、臭いを発生させているのです。

しかも「アポクリン」から出る汗は、普通の汗よりタンパク質が多くなっているので、その分ネバネバしてしまうのです。
ネバネバしているから、脇毛に汗が絡まってしまいます。
そのため、ワキガのもとになる糖質やタンパク質が脇毛についてしまい、雑菌を繁殖させてしまうのです。

ですから臭いのもとになる雑菌の繁殖を防ぐために、アポクリンから出るネバネバした汗が脇毛に絡まないようにする必要があるのです。
汗が絡まないようにするには、「絡んでしまうワキ毛をなくす」のが簡単かつ早いです。

脇毛を無くす方法で一番いい方法は、脇毛を抜くことです。
脇毛は剃るだけだと剃り残しも出てしまうので、アポクリンから出る汗が絡まってしまう確率が残っています。
しかし脇毛を抜いてしまえば、汗が絡むことはほとんどなくなります。
また、ワキガは脇毛の太くても臭いを増やしてしまいます。
それから、同じ毛穴から毛が生えてしまうと脇毛の量が増えてしまうので余計に汗を絡ませてしまうのです。

だから脇毛は抜いた方がいいのです。
多少お金はかかりますが、永久脱毛をしてしまえば脇毛を処理する手間も省けますし、自力で処理するより綺麗に処理することができます。
ちなみに脇脱毛にかかる期間は役一年です。
脱毛の回数としては6回ほど通うだけでいいのですが、脱毛は一度行うと一ヶ月ほど期間を開けなくてはいけません。
なので脱毛ができない月を合わせると大体一年かかることになってしまうのです。
それから、脇脱毛はレーザー脱毛以外は痛みを感じたりすることはないので、安心して脱毛を受けてください。

しかし、脇毛を抜くことにもデメリットはあります。
そのデメリットは、脇毛を抜いたことが原因で「アポクリン」が刺激されることがあるというデメリットです。
アポクリンが刺激されてしまうと、脇から分泌される汗も増えてしまうので、あまり意味がなくなってしまいます。

アポクリンが刺激されることを防ぐためにも、脇毛は処理をするだけではだめなんです。
しっかりと身体を綺麗に保って、汗を抑えることが大切になります。
脇毛の処理とケアをしっかりと行って、ワキガを抑えましょう。

最後に脇毛を抜くのにおすすめの毛抜きを紹介したいと思います。
脇毛を抜くのにおすすめできる毛抜きは「ドイツゾーリンゲン ニゲロ社」から発売されている「ツイザー」という毛抜きです。
こちらの毛抜きは、刃先がナナメになっているため、精密な掴み加減で産毛などを掴んで抜くことができます。
なので毛抜きを持っていない人や、良い毛抜きがほしい人は脇毛の処理のためにも購入を考えてみましょう。
また、使用する前にお風呂に入るか、蒸しタオルを使用するなどして毛穴を広げてから使ってください。
刃先がナナメになっている方を下に向けて産毛を1本ずつ掴んで、毛が生えている方に引くと簡単に抜くことができます。
抜いた後は肌を悪くしないために冷水で手入れをしましょう。