心臓麻痺が引き起こされて死亡。心臓麻痺は便秘が原因だった。

【イギリスの少女が便秘で死亡。】
2013年2月、ある16歳の少女が亡くなりました。彼女の死因は心臓麻痺でした。なぜ心臓麻痺になってしまったのかというと、慢性的な便秘が原因でした。
彼女は6週間〜8週間に1度しか排便していませんでした。と言うのも、彼女は自閉症でトイレに行くのが怖かったからです。そのため、便が腸に溜まり、それが腸を圧迫しました。体の中はところ狭しと臓器が組み込まれているため、圧迫された腸はどんどん膨らんで他の臓器を圧迫し、心臓まで圧迫してしまったので心臓麻痺を起こしたのでした。腸は妊婦のように膨れ上がり、亡くなる直前は食事を取るのもままならなかったと考えられます。
【なぜ誰も助けられなかった?】
彼女の便秘は、家族もかかりつけ医も知っていました。また、亡くなる直前に彼女は肩甲骨が痛いという事で医師にも会っています。そして、発作を起こした日に救急隊員は一度彼女に会っていたのでした。それなのに、なぜ彼女の腹部の以上に気がつかなかったのかというと、救急隊員は彼女がゆったりしたパジャマ姿で、腹部に注意がいかなかったからです。また、かかりつけ医の診察は彼女が拒み、十分に診察できなかったのが考えられます。さらに彼女の家族は検査を拒否する彼女に別の方法でアプローチしようとして霊的療法などに頼ろうとしていたそうです。
日本で便秘で亡くなった方も腹部が異常に膨らんでいましたが、その膨らみは数日間のうちにできたのではないかと言われています。そのため、便秘が深刻というのは周りの人間がなかなか気づいてあげれない場合もあります。
【自閉症とは?もしかしたらあなたも自閉症かも。】
彼女のトイレが怖いという自閉症はどういった症状なのかというと、脳の発達障害が原因です。突然叫ぶ、ブツブツ言いながら歩き続ける、知能障害などという症状の他にも注意力がない、コミュニケーション能力に欠けるなど自閉症なのかどうか見分けがつかない症状まであります。芸能人でも自閉症を患っている人は多く、アーティストだけではなくて知識人にも自閉症の人がいます。自閉症はごくありふれた症状で、なかには自閉症だと自覚してない人もいます。例えば、注意力がないのは性格なのか、それとも自閉症なのか診察してみないと分からないですよね。だからもしかしたら、あなたも実は自閉症なのかもしれません。
【自閉症じゃなくても便秘で亡くなる可能性もある。】
私は自閉症じゃない!と自信がある人でも、便秘ならば心臓発作などで死亡する可能性はあります。事実、自閉症と診断されていない方が便秘で亡くなっている例は日本でもあります。また、一命をとりとめた例もあります。便秘は悪化すると、死と隣り合わせになりえる病気です。もちろん便秘だからと言って死なない方が大多数なのですが、油断は禁物です。便秘で亡くなった方や一命をとりとめた方は、誰もが便秘で死ぬなんて考えていませんでした。その方の家族もそうでした。便秘で死ぬなんて考えていないからこそ、便秘で亡くなる方はいるのです。
【便秘改善は今すぐに。】
便秘でも死なない人は多いのですが、それでも便秘は軽度のうちに治しておかないといけません。それには理由があります。
その理由は、便秘薬は軽度の便秘じゃないと効果を発揮しにくいからです。便秘薬が効かなくなってくると、いよいよ便秘は重症になります。そして、死へと近づいていくのです。便秘薬が効かなければ浣腸などの処置になるかと思いますし、それでも効かなくなってくると腹部を切り開いて便を摘出となります。さらに便で腸の一部が壊死しているならば、腸を切除して繋ぎ合わせるという大手術になります。
そうならない前に、「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムで便秘解消をしていきましょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム