マルチビタミンの定義とは

ベースサプリとして知られる「マルチビタミン」ですが、マルチビタミンという名称のサプリメントはたくさんあります。

含まれている栄養素やその含有量なども様々ですが、一体どんなものを「マルチビタミン」と呼ぶのでしょうか。

マルチビタミンの定義について、調べてみました。

マルチビタミンの基準や規定はなし?

マルチビタミンのサプリを製造、販売するにあたり、具体的に「どの栄養素をどのくらい含むか」といった決まりはありません。

ビタミンは全部で13種類あるわけですが、極端な話をするなら「13種のビタミンがたっぷり含まれているサプリ」と、「2種のビタミンが少しだけ含まれているサプリ」は、どちらもマルチビタミンと言って良いということ。

マルチビタミンは健康食品に分類される食品ですが、健康食品やサプリにも法律上の定義はありませんからね。

そのため、マルチビタミンを選ぶときにはメーカーやパッと見の印象ではなく、きちんと「含まれている栄養素」や「含有量」を確かめてから購入するようにしましょう。

まとめ

マルチビタミンの定義について、お話ししました。

マルチビタミンには、「こういうものでなくてはいけない」という定義はありません。

メーカーは自社製品がいかに素晴らしいかをアピールしていますから、そういう言葉に騙されず、自分で確認して納得のできるものを選ぶことが大切です。