ニキビは青春のシンボルじゃない!

中学生になっておでこにニキビが出て、高校大学、はたまた就職してからもニキビには本当に悩まされています。
あまりにも酷くて自分でもプチプチ潰してしまったことがあって、よけいにみっともない顔になるんですよね。
ニキビは男女関係なく、あると辛いものです。
私の頃はニキビにつける専用の塗り薬も少なく、評判のいい皮膚科の先生がいると聞いた母が車で2時間かけて何度か通ったところも。
その間はニキビは薬服用で治まっていたけれど、時間が取れずに皮膚科へいけなくなりました。
成長にしたがってニキビの出る箇所もおでこから頬近辺、大人になるとアゴやフェイスラインにいっぱいできました。
特に夏場だと汗をかくのでその塩分でさらにニキビが悪化してしまって、すっぴん時は水で洗っていました。(石けん使い過ぎるとよくないときいて)
あとは、若いころはスキンケア商品がどれも合わずに肌に一夜にしてニキビができてしまって、ワセリン塗って2ヶ月かけて完治させたことも。
今はスキンケア商品もドラッグストアで色々安くて良い物が買えて本当に嬉しい。
幸いなことにあれだけ顔中ニキビだらけだった私の顔はニキビ跡のクレーターにならずにすみましたが、中には酷く残ってしまった人もいて、美容皮膚科へ通って少しづつ改善するように頑張っている人もいます。
現在は大量にニキビが出るということはなくなりましたが、どうしてもアゴなどのフェイスラインは出やすくなるので近くにある皮膚科で塗り薬を処方してもらっています。
ジェルタイプなので赤くなっている部分にちょこちょこっと塗って何日かするとニキビの赤さも腫れも治まってくるので助かります。
結局、自己流に頼らずに自分の通える範囲に皮膚科があればそこへ行くのがいちばんだと実感しています。

わずか3分から実践できて
翌朝には違いが分かる
桜井式ニキビ改善法パッケージ