世の中には便秘改善情報や サプリメントが溢れているのに、 なぜ便秘で悩んでいる人が増え続けているのか?便秘の本当の理由とは?

【便秘で悩む人の割合は?】
便秘に悩む人は多いと言いますよね。でも、実際にどのくらいの人が便秘に悩んでいるのでしょうか?どんな人を対象にしたかによって便秘で悩むパーセンテージは変わってきますが、平成25年の厚生労働省が調査した国民生活基礎調査によると、日本の人口1億人超のうち470万人が便秘に悩んでいるという結果が出ています。計算すると、26人がいるとそのうちの1人が便秘となります。調査対象は9歳以下の子供から80歳以上の大人までです。女性の方が圧倒的に便秘に悩んでいるのですが、65歳を過ぎると男性も女性と同じくらい便秘になるのが分かりました。つまり、今は便秘で悩まないかもしれないけど、歳を重ねれば便秘に悩む場合もあるという事です。
【そもそも、どういう状態が便秘という?】
では、そもそも便秘とはどういう状態なのでしょうか?便秘は、排泄が困難な事を言います。つまり、便が出ていないという状態から便が少量しか出てない状態まで便秘は様々な状態を言います。
具体的には、3日間の排便がない場合は便秘です。また、1日に1回は出ていても便が少量であったり、固かったりすると便秘となります。理想的なのは、1日1回の排便でバナナ型便が2本でる事です。バナナ型便じゃなければ便秘だというのは厳しい見方ですが、それでも3日間も排泄がなければ便は水分が体に吸収されてしまい、固くなっている可能性が十分にあります。
【便秘の一般的な改善方法。】
便秘の一般的な改善方法は、便秘薬を用いて腸の動きを刺激して排泄したり、浣腸によって肛門付近を刺激して便を出すという方法があります。どちらも共通しているのは、刺激です。刺激によって便秘を治すという方法です。刺激は与え続けると、感覚が麻痺してしまいます。最初はそれで効くかもしれませんが、次第に量を増やしていかないと腸は動いていきません。そして、最終的に便秘薬や浣腸がないと腸が動かなくなって機能を失うという事になります。
つまり、便秘薬も浣腸も本当の意味では便秘の改善にならないのです。そして、便秘を悪い方へと導いているのです。

【本当の便秘理由。なぜ便秘人口が減らないか。】
便秘薬や浣腸が便秘を悪い方へと導いているという事は、便秘が治らないという事ですよね。だから世の中には便利改善のノウハウや薬があったとしても、便秘だという人が減らないのです。
また、なぜ便秘なのかというのは便が出ないからですが、なぜ便が出ないのかというのを突き詰めていくと便秘について分かってきます。
便秘になってしまうのは、ストレスや食生活が原因です。ストレスが溜まると胃が痛くなるように、腸もダメージを受けます。そして便を出す働きが狂ってしまいます。ストレスが溜まると自立神経に影響が出てしまい、ここが内蔵の働きを司る役割があるため、便秘になってしまうのです。そして、食生活の乱れで食物繊維が不足すると、便は固くなっていきます。便秘人口が減らないのは、現代社会にはびこるストレスや食生活の乱れが原因だからです。
【どうすれば便秘から本当に解放されるのか。】
便秘の本当の原因がストレスや食生活ならば、便秘をどうやって治していけば良いのでしょうか?便秘を治すためには、野菜を食べる、水分をとる、運動をするなどです。幸いにも、便秘を改善する方法はたくさんあります。しかし、どの方法ならば自分にあった便秘の治し方なのか分かりませんよね。ある人はこれを食べれば便秘が改善する!と言っても、それで誰もが便秘が改善するなんて事は難しいです。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、便秘に関する事を詳しく教えてくれます。そして、あなたにあった方法が見つかるはずです。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム