あがり症の克服に大事なプラス思考のはじめ方は比較をやめる事!

  • 2014年7月30日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

物事を前向きに考えるプラス思考のようになるようにするには極度の人とは違う人思考に陥った考え方を改善させる行為が重大ななことなのです。

異常な思考の彼らに見られる好きではない考え方のクセことなどでいうのは、自分以外の誰かもしくは身近な人見比べてみて「自分は不幸だ…」などと消極的な考えをもってしまう生きてしまうです。

例を挙げると友人が結婚することがわかったら貴方個人としては何を思った?口から出る言葉は「オメデトウ!」と歓声をしようとしていても胸の内では「わかってはいるんだけど自分は恋人も見つからないしいい人に出会えないのか心配だ…」ようなこういった感じの不安などなど覚えたりしてない?こういった暗い考えはよくないのでこの比べてよくないように考えたり捉えたりしてしまうことを停止させて楽観的な思考に向かうのです。

本当は天秤にかけるものではなく区別が必要です。

人には人のいいところがあり相手のいいところみんないいところがあるがあるんだと現実を信じきることがことが大切です。

前向きな考えも嫌な考え方も、本当は「決まり」で決まります。

前向きの姿勢がクセになっている人とかは良い方に捉えて、ネガティブ思考が癖になってる人悪い方に考えるような生き方が出来てしまうのだ。

もし友人の結婚が決定したり、役職に就いた場合は「なんで私だけ・・・」と思うのではなく、「出来ることから始めよう!」いう思考回路や表現を増やしてクセにしていき、自分のものにしていけばプラス思考が手に入ります。

人の幸運と自分の幸福、どちらが良いか悪いかなんて考え方は永遠にキリがありません。

前向きな思考の人は幸せと感じることを他人と比較しません。

今のままで充分幸せ。

「私は私、人は人」その考えを抱いていればいいのだ。

これからは自分と他人を分けて考えて比べずに各々が「素晴らしい個性」であるいうことを理解してお互い尊敬してしてはどうですか。

そうすると幸せになる為のプラス思考のように素晴らしい思考になることができるでしょう!

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。