あがり症の克服に大事なマイナス思考は比較すること

  • 2014年7月19日
  • 2017年7月22日
  • 未分類
  • 0件

幸せになる為のプラス思考といったそのようにするには極度の異常な思考なんかを違うものにするということが大事であるといえます。

嫌な考え方の方がするありがちな思考の習慣などで特徴的なのは他の人もしくは目の前の人と見比べて「自分は幸せではない…」といったようなことは消極的な考えをもってしまう生きてしまうなのです。

もしも友達が結婚するということを連絡してきたとき貴女は何を感じた?口では「オメデトウ!」と喜んでしていようとも心の中では「祝福するべきことだけど私自身は彼氏がいないから相方に出会えるか怖い…」などなどこんな風な落ち込んだ気持ち的なものを心に抱いてはいないでしょうか。

これが褒められないような考え方で、この比べて悪い方に解釈するすることなどなどをやめてしまえばポジティブ思考を持つ人になるはずだ。

現実には見合わせるものではなく違いを認めることいくことが大切である。

人には人の自信を持っていいところ他人には他人のよさみんないいところがあると現実を100パーセントの納得をする重要なのです。

楽観的な思考もしくは褒められないような考え方も、結局は「慣れていること」で決まります。

前向きな考えがクセになっている場合はなんでもすべてプラスに考えて嫌な考え方がクセになっている人褒められないような考えに捉える思考の組立が整ってしまうのだ。

例として友達の結婚や仕事で成功した場合は「妬ましいなあ・・・」と思わずに、「友達も出来たんだから私にも出来るはず」と思う気持ちや読み取ることを高めることをクセにしていき、定着すれば前向きの姿勢になります。

人の幸運と自分の幸運、幸せなのはどっちか比べてみてもキリがないのです。

前向きな考えの人は幸が多いことを他者と照らし合わせたりしません。

ありのままで幸せ。

「自分は自分、他人は他人」その考えを抱いていればいいのである。

これ以降は自分と相手の違いを知り比べることをやめて、自分自身が「素敵な個性」だという事実を理解して周りの人を尊敬してし合っていきませんか。

そうすることでプラス思考で今までより幸福になっていけるのです。

あがり症の方は「コンビニで意識を失いそうな極度のあがり症が軽減した方法!あがり症のメカニズム!あがり症の克服には「条件反射の遮断」と「認知の歪みの修正」が重要!」の記事も読んでみて下さい。