エルビス.プレスビーさんの死亡原因が最近になって便秘と分かりました。

【酒もタバコもやらないエルビスさんの悩み。】
ザ.キング.オブ.ロックンロールの別名を持つエルビス.プレスビーさんは、わずか42歳という若さで亡くなってしまいました。有名なアメリカンスターともなると、酒やタバコに溺れてしまって…というのがよく聞く話ですが、エルビスさんは酒もタバコもやりません。たまに葉巻を吸うだけです。ステージで観客からもらう酒も、口をつけるぐらいで飲みませんでした。そして、亡くなる日はテニスで汗を流していたという事から、健康な体の持ち主であった事が予想されます。しかし彼には1つ悩みがありました。それが便秘です。エルビスさんの死は、この便秘にあったのではないかというのが最近になって分かってきました。
【発表されていた死因。】
エルビスさんは薬を主治医から処方されていました。彼はストレスからくる過食症になっており、主治医は違法なドラッグではありませんが、ドラッグを処方していたという記録があります。そして、エルビスさんは薬を間違った方法で使い、体調が優れなかったようです。 
ある日、エルビスさんはバスルームで倒れているのを発見されました。病院に運ばれましたが、帰らぬ人となりました。死因は、処方されたドラッグを間違って使った事による不整脈です。いわゆる心臓発作だと言われています。
また、晩年の過食症のせいで体重が増加していたりなどの身体的な理由も考えられます。
【死因の真実。】
エルビスさんの死因を巡っては、様々な説があります。そして、恐らくどれも真実です。過食症と拒食症の繰り返し、処方されたドラッグの乱用、ストレスなどと言われていますが、最近になってエルビスさんは慢性的な便秘も患っていたのが分かりました。便秘のために、主治医から人工肛門をつけてはどうかとも言われていたぐらいです。
便秘で死ぬなんてあまり真実味がないかもしれませんが、便秘で亡くなった方は日本にもいます。そして、エルビスさんの場合はストレスや昼夜反対の生活からホルモンバランスが乱れてしまい、便秘になったのではないかと思います。また、ジャンクフードが大好きだったという事からも体調が悪くなって便秘になるのが予想つきます。
慢性的な便秘になりうる生活をしていて、色んな事が心臓に負担がかかって亡くなってしまったのでは?と思われています。
【人工肛門とは。】
エルビスさんが主治医から勧められた人工肛門とは、腸の一部をお腹から出して便を排泄する方法です。便の出口には袋がついており、そこに便はたまっていきます。自分で排便をコントロールするのではないので、排便習慣は変わります。しかし、日常生活にさほどの制限はなく、いつも通りに食事をしたり入浴もできます。
しかし人工肛門はお腹の横に袋をつけるので、それが恥ずかしくて人工肛門をつけるのを拒否したそうです。また、今では袋は防臭加工がされているので便が溜まっても臭いはしませんが、当時はきっと袋に溜まった便が臭うから人工肛門をつけるのがイヤだったのではないかと思います。
【あなどると怖い便秘】
エルビスさんの死からも分かるように、便秘は甘く見ると怖い病気です。人工肛門はガンによってつけたりと理由がありますが、便秘はガンにもなりうる症状です。
エルビスさんは亡くなる当日まで寝たきりだったわけではありません。テニスをしていましたし、酒もタバコもやりません。健康な人でも便秘で悩まされて命を落とす危険があるのです。

「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムは、そうなる前に受けるべきプログラムです。慢性的な便秘に悩んでいるのであれば、「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムはきっと役立つはずです。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム