腕立て伏せがバストアップに効果的?!大胸筋トレーニングで、綺麗なバストを作る方法

バストアップには、大胸筋を鍛えることが大切です。
大胸筋を鍛えることにより、胸の筋肉が盛り上がるのでおっぱいにも張りが生まれるんですよ。

大胸筋は、人間の体の中でも大きい筋肉の一つです。
大きい筋肉を鍛え、増やすことが出来れば基礎代謝量が増えるので、ダイエット効果もあるため、女性なら鍛えて損はしない筋肉だと言えます。
そんなバストアップも出来て、ダイエット効果もある、一石二鳥のエクササイズをこれからご紹介します。

まず、大胸筋を鍛える代表的な筋トレは、腕立て伏せです。
腕立て伏せは正しい動作ですることが大切なので、まずはゆっくりでもいいので、正しいフォームでするようにしましょう。
正しいフォームは、両腕を肩幅くらいに広げて、そこからゆっくり腕を曲げていきます。
あごが地面に突くくらいまで沈めるのがポイントです。
この時にお尻がへっぴり腰になったりしないように、状態を水平にまっすぐ保ちましょう。
ゆっくり10回ほどして、それを3セットが目標です。

もし10回3セットが難しい場合は、回数を減らしてもかまいません。
また腕立て伏せ自体苦手な方は、両膝をついて腕立て伏せをしてもいいです。
それでも十分胸の筋肉を鍛える効果はあるので、そこから始めるのもありでしょう。

大胸筋はわりと早めに効果がでます。
一ヶ月も続ければ、垂れていた胸に張りも生まれると思いますよ。
大胸筋を鍛えつつ、自宅で出来る体型別のバストアップ法「Hurry UP!!」を行えば、より効果的にバストアップをすることができますよ!