男性カンジダ性亀頭包皮炎は水虫薬ラミシールで治せるか?

男性カンジダ性亀頭包皮炎は水虫薬ラミシールで治せるか?

自宅でできる性病郵送検査/泌尿器科医院が監修」なら自宅で性病検査が出来て、メールで結果を受け取れます(診断書付き)。また医師の電話サポートもあり、オンライン診療で治療まで行ってもらえます。詳しくはリンク先の「治療サポート」の「詳しくはこちら」をご覧下さい。安心して利用出来ます。

男性カンジダ性亀頭包皮炎の症状といえば、陰部の炎症や白いカスなどが特徴的であると言われています。白いカスが見つかれば、一番最初に取る行動は、お風呂でを洗い流すことだと思います。しかし、カンジダ菌は真菌(カビの一種)のため、石鹸で洗い流しても取れないのです。

「男性カンジダ性亀頭包皮炎は不潔にしているからだ」と“勘違い”される人がいますが、実際は逆です。清潔にしすぎることで必要な菌を洗い流してしまうことで、真菌のほうが勢力拡大してしまうことで起こる症状なのです。だから真菌の殺菌が大事なのです。真菌を殺菌するのは「ロテュリミンAF」です。

男性カンジダ性亀頭包皮炎の具体的な治療方法は、医師の治療を受けてそこで処方された治療薬を毎日患部に塗り続けることであると言われていました。しかし、市販されている薬でも治せることができることはあまり知られていません。

水虫用の治療薬ならばある程度の症状を緩和することが可能だと言われています。それが、テレビCMなどで有名な水虫治療薬のラミシールです。薬の中には、殺菌成分が豊富に含まれています。ラミシールを塗布することにより、かゆみや痛みなどの違和感が軽減されたという口コミも数多く目にするようになりました。

ラミシールの口コミには、「陰部の炎症がなくなった」などがあります。しかし、医師が推奨している治療薬ではないため、症状が緩和されるまでにはある程度時間がかかるかもしれないことや、ラミシールではぜんぜんよくならなかったけど「ロテュリミンAF」でよくなったという口コミも多くあります。

症状が軽いのであればラミシールでもよくなるのだと思います。ラミシールクリームなら量も多くて安く成分は日本製と同じこちらが良いと思いますよ。ロテュリミンAFは有効成分が高含有なのでしっかりよくしたいならロテュリミンAFですね。

男性カンジダ性亀頭包皮炎に有効なクリーム
「ロテュミリンAFの詳細はこちら」