脇バージスを作って垂れたバストを改善するマッサージ

なぜ、バストが垂れてしまうのか、知っている人は多くはないでしょう。
その理由というのは、バストの上部のふくらみが脇に「サブ乳」というふくらみを作ってしまう為に垂れてしまうのです。

このような状態になってしまうのは、胸の輪郭であるバージスラインの中でも上部のふくらみを作る「脇バージス」が切れてしまって、上腕と繋がっていない為だと言われています。その為に、バストを高く引き上げる事ができません。
脇の下で線が切れて、上部の靭帯がたわむので、そのたわみがシワとなり、サブ乳ができてしまうのです。
元々、ブラジャーを着けなくても、脇バージスを作るバストアップ法はありますが、その方法を使っていないので、たわんでしまったものをブラジャーで支えているのです。
では、どのような方法で、脇バージスを作ることができるのかを紹介します。

脇バージスを作る方法

1. マッサージする方の手でバストを下から持ち上げます。(この時、バストの下がり具合が大きい場合は、身体を前傾してバストをすくいあげると良いです)
2. 支えたバストをこれ以上上がらない位置まで持ち上げます。
3. 脇の下に反対の手の4本指の指先を当てて押します。
(押すとバストの上部に靭帯のふくらみが現れます)
4. 4本指を靭帯に掛けたまま、手の平でバスト上部を包みます。
5. そのまま、靭帯を胸の中央へ引き寄せます。
引き寄せて、力を抜くを7回繰り返します。

この脇バージスが上腕まで引き上がっていれば、バストが垂れたり緩んだりしないのです。
マッサージで脂肪を整えて、理想の位置を意識しながらやると効果的です。

更に効果的なバストアップ法は以下をご覧下さい。