HIVウィルスと男性カンジダ性亀頭包皮炎の関連性

自宅でできる性病郵送検査/泌尿器科医院が監修」なら自宅で性病検査が出来て、メールで結果を受け取れます(診断書付き)。また医師の電話サポートもあり、オンライン診療で治療まで行ってもらえます。詳しくはリンク先の「治療サポート」の「詳しくはこちら」をご覧下さい。安心して利用出来ます。

男性カンジダ性亀頭包皮炎は、陰部にかゆみなどか生じることにより起こる皮膚炎であると言われていますが、医師の診察を受けた上で、治療をした場合でも症状が長引くことがあると言われています。それは、HIVの症状の可能性があるかもしれません。もともと、男性カンジダ性亀頭包皮炎は、体内の免疫力の低下により発症するものですが、実は、HIVにより免疫力が低下してしまうこともあるのです。HIVに感染すると、体調不良に陥ることが多いです。避妊をしないで性行為に及んだり、ウィルスが体内に侵入した時に感染します。男性カンジダ性亀頭包皮炎に罹患しても自覚症状がないため、長い間気づきにくいことが多いです。

具体的な対策としては、男性カンジダ性亀頭包皮炎に罹患した男性は、性行為の際に避妊をしないことは危険であると言われています。特に包茎である人は注意が必要です。男性カンジダ性亀頭包皮炎に罹患して早期の段階で治療をしたとしても、小さな傷などは治っていない場合が多いのです。免疫力が低下している状態に変わりはないということを忘れてはなりません。HIVウィルスは、傷口等を介して体内に侵入しやすくなります。そこからHIVに感染する可能性が高くなりますから注意が必要になります。一見両者は関係のないように見えて、密接に関連しています。

自宅で検査・医師のサポート

自宅でできる性病検査キット/薬も郵送でお届け
(男性性器カンジダも検査可能・自宅検査・医師の電話診療でサポート)