楽天カードは外国人(永住者あり)の方でも作れますか?




楽天カードの検討している人は、日本人だけではなく外国人の方もいらっしゃいます。

外国人の方で一番気になるのが、楽天カードは外国人だとしても所有を可能としているかどうかです。

では楽天カードでは外国人だとしても所有を可能としているのでしょうか。

楽天カードでは、外国人だとしても所有を可能としています。

ただしどんな人でも可能としているわけではなく、ある条件をクリアしていると所有可能になります。

では条件とはどうなっているのかというと、まず第一条件として日本での在住時間です。

日本に来てすぐに所有しようとしてもほぼ不可能に近いです。

その理由となるのが、信用の問題です。

一般的に日本に来てすぐにお金を貸してくれと言われても、ほとんどの人が貸すことはしません。

すぐに逃げられてしまうのではないかと考えてしまいますし、また海外に逃げられてしまった場合追うことは非常に難しくなります。

これは個人的だけでなく会社としても同じ考えをしています。

信用がほとんどないため、いくら収入があったとしても日本に来てすぐに申込しても断られてしまいます。

日本の滞在期間が長くなればなるほどそれだけ信用度が高まりますので、所有できる可能性が高まります。

永住権を持っていれば日本人同様の信用ができるけれども、しかしそれだけで所有できるわけではありません。

日本にいる信用があったとしても、それが返済につながるわけではないからです。

収入面でかなり厳しくなっていたり、他のローンで延滞などの情報があると信用できなくなります。

日本人が申込した時に重要視される部分も同様に見て判断していますので、永住しているから良いわけではありません。

日本人に比べて外国人は見られている部分が増えてしまいますので、審査に通らない可能性は高まります。

しかし絶対に審査が通らないわけではありません。

収入がしっかりしていること、そして雇用期間や雇用状態が良ければ良いほど審査に通る可能性が高まります。

外国人が楽天カードを所有することは難しいと感じてしまうけれども、そうではありません。

収入面など問題がなければ可能になりますし、実際審査してもらわないとどうなるのかわかりません。

自分の状況をよく判断してから申し込みするのかどうかを検討してください。

また、申込する際外国人登録証明書や在留カード等必要としています。

一般よりも多く書類が必要としていますので、問題なく審査してもらうためにも予め用意しておきましょう。



LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)