なかなか理解されにくい多汗症を短期間で治すために最適な方法

多汗症で悩んでいる人はいますが、なかなか多汗症は世間に理解されにくいですよね。「多汗症?なにそれ?汗をかきやすいだけでしょ?」とか「汗っかきは気持ち悪い。」とか言って、多汗症じゃない人は悩みを理解しにくいです。また、気持ち悪いなんて差別にしか聞こえませんよね。
多汗症には原因があり、それを解決する事で治るのです。汗をかきやすいのは体質だから‥と諦めないで、多汗症を治してみませんか?

これはダメ!汗を間違った方法で抑えないで。

汗をたくさんかくならば水分を飲むのを抑えれば良いと思っていませんか?水分をたくさんとるから汗になるんだと‥。一般的にはそう思われていますが、水分をとるのをやめるのはダメです。体の大部分は水分でできており、体から水分が数パーセントなくなるだけで不調を感じます。夏に水分をとらないと熱中症や脱水症状になりますし、汗をかきたくないからといって水分をとるのをやめるのは危険です。それに、汗からは老廃物が混じって排出されます。それを無理矢理抑える事は、健康にも美容にも良くありません。
また、制汗剤で汗を抑えるのもやめましょう。制汗剤が肌につくと汗はかきませんが、体からでる汗の量を減らしている事にはなりません。制汗剤がなければ汗を抑えれないなんて、多汗症を改善したとは言えないのです。
手術するとその部分の汗は減りますが、他の部分から汗がでてきます。止めどなく汗が流れる場合もあり、手術してもあまり意味がないのです。

なぜ汗がでるの?

多汗症の人は、なぜこんなに汗がでるの?と疑問になりますよね。汗がでる原因は2つあります。
1つは、交感神経が乱れているのが原因です。交感神経はストレスや緊張で乱れやすい神経です。汗をかくのが気になりすぎても交感神経は乱れます。すると、緊張して余計に交感神経が乱れてしまいます。
2つ目は、内蔵が悪い時です。内蔵が不調を感じると、汗以外にも症状が現れます。この場合は、すぐに病院へ行きましょう。そして、内蔵に問題がないかチェックします。

久保田式多汗症改善7日プログラムとは?

このプログラムは、多汗症のために開発されたプログラムです。これをやれば、たった7日後には汗が改善されています。しかも、1日10分程度のトレーニングでいいのです。なぜそんな事が可能なのかいうと、多汗症の原因を探り、正しい知識を身に付けてから汗にアプローチしていくからです。そして、食事療法なども取り入れて汗をコントロールする訓練を行います。
こんなに簡単で、本当に汗が治るの?と言う人でも、遅くとも2週間ぐらいすれば効果は現れます。

汗スッキリ!悩みがない人生へ

汗が多いと、生活するのが大変ですよね。サラリーマンだと会社の人や取引先の人に気持ち悪がられます。また、ママさんは自分の汗のせいで子供がいじめられるかもしれません。汗をなくして、スッキリした人生を送れるのを応援します。

久保田式多汗症改善7日プログラム

続きをメールで読む

いつも、本当にたくさんの読者登録をいただきありがとうございます。すごい読者登録を頂いているのですが「記事の続き」の追加が追い付かない状況です。

読者登録フォームの真下に「第〇回目」と記載のあるものは登録後すぐにメールが届きます。「第〇回目」の記載がない場合は続きの追加にお時間がかかってしまいます。

ですので、「第〇回目」の記載がない場合、気長に待っていただけるのでしたら読者登録をしてください。

LEAVE A REPLY

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)