呑気症?呑気ではいられない「おならが臭い。」という症状。

【呑気症とは?】 
呑気症というとお気楽な病気のように思えますが、呑気でいられないのが呑気症の怖いところです。呑気症の別名は、空気嚥下症と言います。そして、呑気症はどんきしょうと読みます。
呑気症になると、ゲップやおならが頻繁に出ます。また、おならが止まらないのでお腹が張るようになります。まるでお腹が満腹になった時のようにゲップが出たり、便秘でお腹が張るような感じがするのが呑気症です。
名前だけ見るとあまり対した症状ではないと思うかもしれませんが、甘く見ていると怖い病気につながりかねないので注意が必要です。そこで、呑気症とおならについて詳しく見ていきましょう。
【原因は?】
呑気症の原因は、空気を多く吸いすぎている事です。私達は食べる時や空気を吸う時に、空気までも食べています。早食いした時や炭酸飲料を飲むとゲップがでますが、これは急いでご飯を食べるから空気まで食べてしまったり、炭酸飲料でも体に入った二酸化炭素を外に出そうとゲップが出ます。しかし、それだけではゲップやおならがずっと頻繁に出るわけではありません。
呑気症の原因は、緊張が続いて奥歯を噛み締めてしまい、それと一緒に空気を飲み込んでいるからです。また、疲れが溜まってため息をすると、空気をいっぱい吸うようになります。だからお腹にガスが溜まりやすくなり、ゲップやおならがたくさん出るようになってしまうのです。
【治療の仕方】
呑気症という名前がついているので、病院に行けば先生に相談はできます。病院に行く場合は消化器科や心療内科、精神科です。えっ?心療内科や精神科?と意外に思うかもしれませんが、呑気症のそもそもの原因はストレスや緊張、疲れなど精神的な問題です。そのため、呑気症を改善しようと思ったらストレスを緩和するようになります。だから性便秘や心療内科でカウンセリングをしてもらうなどの治療が必要になります。
また、呑気症でも奥歯を噛み締めてしまうのを無意識にやる人は、マウスピースを装着して呑気症を治すという方法もあります。マウスピースで空気を吸い込むのを、意図的に予防するんです。そうすれば呑気症の改善にはなりますが、ストレスが溜まっているならば呑気症は治療できたという事にはならないため、マウスピースは呑気症の対処となります。
【呑気症は鬱病になる可能性も。】
呑気症はおならやゲップだけの症状と思ってはいけません。ストレスが溜まって呑気症になると、歯や顎に力が無意識に入るようになります。そうなると、肩こりになったり頭痛などの症状が出てきます。また、長く呑気症が続くとゲップやおならに悩まされて対人関係が上手くいかず、鬱病にもなります。そうなってくると、もう呑気な話では済まなくなります。症状はゲップやおならなどで軽いものではありますが、甘く見ると辛い思いをするのが呑気症です。
【おならが臭くなる理由は?】
呑気症でおならがたくさん出ていて、もしそのおならが臭かったのならば、それは腸の不調でもあります。おならが臭いのは、腸の中で悪玉菌が多く繁殖しているからです。悪玉菌は腐敗物質を作る働きがあるので、それによりおならが臭くなってしまいます。そして、
もしおならを頻繁にするようになり、かつおならが臭いと対人関係が余計に恐怖に変わってしまいますよね。そのため、おならが臭いというのは深刻な問題です。
こういったおならが臭いというに悩むのならば、おすすめしたいのが「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムです。ストレスというのは、なかなか解決するものではありません。そして、解決するまでに至らない場合もあります。「いったいどうすればいいんだ…。」と悩んで頭を抱えるのならば、このプログラムはきっと役に立つはずです。きっと、あなたの悩みは良い方向に向かっていくでしょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム