マルチビタミンの弊害についてまとめました

美容や健康に様々な良い効果がある、マルチビタミン。

普段の食事の偏りが気になる人など、手軽にビタミンを補えるのでとても便利ですよね。

しかしそんな「良いイメージ」のあるマルチビタミンも、摂り方を間違えると弊害となることがあります。

ここでは、そんなマルチビタミンの弊害について、まとめてみましたよ。

マルチビタミンについて正しい知識を持ち、正しく取り入れていきましょう。

マルチビタミンの主な2つの弊害

マルチビタミンの弊害は、主に2つあります。

・食事に注意を払わなくなる
・過剰摂取になってしまう

まず1つ目は、マルチビタミンを摂っているから大丈夫、と食事に注意を払わなくなること。

確かに野菜不足が気になるときにマルチビタミンを飲むと、「わざわざ野菜を食べなくても大丈夫」と思ってしまいますよね。

ビタミン補給は、食事から補うのが基本です。

そして2つ目は、脂溶性ビタミンの過剰摂取になってしまう恐れがあること。

ビタミンAの摂りすぎは骨粗鬆症のリスクを高めたり、ビタミンDの摂りすぎは腎臓や血管に悪影響を与えると言われています。

まとめ

健康のために飲むマルチビタミンで、こんな弊害があるなんて恐ろしいですね。

マルチビタミンはあくまでも足りないものを補う補助的なものとして捉えておき、飲み過ぎには気をつけていきましょう。