目の異常を感じたら、緑内障を疑うべき?!早めの対策で緑内障を改善させる方法とは

あれっと思ったその時には、すでに緑内障は進行し始めています。
何だか目が見えにくくなってきたり、視野が狭くなったりしてきた……
それは緑内障の始まりです。

緑内障は完治することのない病気、しかも少しずつ進行して最終的には、失明する可能性だってあるんです。
緑内障にかかってしまったあなたにとって、失明の可能性が常につきまとうのは恐怖ですよね……。

まだ緑内障が初期のうちに、眼科で処方された点眼薬とともに、「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」を試してみませんか?

緑内障の原因というと、眼圧の上昇により視神経が圧迫され、障害を起こすことです。
これによって、視野が狭くなってしまう病気ですね。

緑内障の治療方法は主に、点眼薬によるもの、レーザーによるもの、その他外科的手術によるものの3つに分類されます。
点眼薬は、眼圧が下がらなければ三種類まで処方されます。
それでも改善が見られない場合は、眼科医からレーザーやその他の外科的手術が勧められます。
しかしこれらの手術は、感染症を起こしやすかったり、そうでなくても、緑内障の再発をする人が多かったりします。

こんな状況の中、緑内障改善アドバイザーである前田和久さんは考えました。
そして、「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」というDVDプログラムを開発するに至りました。
開発のきっかけとなったのは、点眼薬の成分からのひらめきでした。
緑内障の進行を妨げ、眼圧を下げるために処方される点眼薬には、
「チモプトール」、「ミケラン」、「ハイパジール」の3つがあります。
眼圧が下がれば、眼圧を調整する水分である「房水」が、眼圧を調整するための排水口的役割を果たしている「線維柱帯」から出やすくなります。
つまり、これらを点眼すると、眼圧の調整機構がその働きを取り戻すんです。

さて、前田和久さんによりますと、
前述した3つの点眼薬に含まれる成分には、自律神経に働きかけ、血圧を下げる作用があります。
この事実から前田和久さんは、緑内障の治療のキーワードは、自律神経(交感神経・副交感神経)と血流にあるのではないかと考えたのです。
そして‘目’という一部分ではなく、‘目を含めた全身’の調整をするホリスティック医学に基づいたプログラムを開発しました。
ここまでのご説明でも、「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」が確かな知識に基づいたものだとおわかりいただけるでしょう。

「緑内障5アプローチ 自宅で出来る!緑内障改善プログラム」は、タイトルにもあるように、
5つの観点から自律神経・血流を整えることを治療の要としています。

5つの観点とは、
緑内障の正しい知識、
血流を良くする方法、
自律神経を正常に働かせる方法、
免疫力向上法、
栄養面から緑内障を改善する方法です。
全身を整え、不調の1つである緑内障も改善していく……そういうスタンスのプログラムです。
ですから緑内障以外の不調、たとえば、肩こりやなかなか取れない全身のダルさなどの改善も望めますよ。

しかし、このプログラムはあくまでも、緑内障の治療の一助となるよう開発されたものです。
まずは眼科医から適切な診断、治療を受けて下さいね。