目元の印象で変わる!アイプチ?整形手術?自力でも作れる憧れの二重まぶた

  • 2015年8月10日
  • 2016年4月23日
  • 未分類
  • 0件

目元の雰囲気や印象は、顔のパーツの中でも最も重要なポイントですよね。目元がパッチリとしていれば、メイク栄えもしますし、どんな流行りのカラーのアイシャドウやマスカラもバッチリと決まります。最近では、ドラッグストアや化粧品コーナーでも、デカ目や目力と名前の付いたメイク用品も当たり前になっていますが、実際に使用してみると、元々の目の大きさがある程度大きくないと、効果を感じられず、やはりデカ目になるには少し限界を感じてしまいます。

そこで、最近では芸能人の様な強い目力を人工的に作り出す為に、わざわざ整形手術等で目元を二重瞼や切開により大きくしたり、アイプチ等を使用して、二重瞼にする方も増えています。しかし、本来であれば顔にメスを入れる手術等は全てが成功するとは限りません。まず、腫れが治まるまでダウンタイムと呼ばれる時間を要しますので、仕事に支障をきたしてしまったり、美容整形手術は医療保険の効かない施術になりますので、金額的なリスクも相当大きくなります。

そして、アイプチに関しては慣れていない方が使用してしまうと、仕上がりが不自然なだけで無く、ノリが瞼にくっついてしまい目がひんむいた様になってしまったり、長期間に渡るアイプチの使用により、瞼がアイプチのノリでかぶれて赤く腫れて痒みを生じる、ドライアイ等のトラブルも引き起こしてしまいます。

できれば、なるべる肌を傷つける手術を行わず、金銭的負担や肌に合わないアイプチ等のトラブルも無くして、パッチリとした二重瞼を手に入れたいですよね。実は、そんな夢の様な二重術が、既に世の中にはあるのです。それはたった1日15分間だけ、瞼をマッサージしたり、二重のラインができるように瞼の筋肉トレーニングをするなど、ナチュラルかつ、お金もかからず、何処でも直ぐに始められる驚きの方法なのです。

この二重まぶたを自力で作れる方法では、一重で腫れぼったい瞼を毎日鍛えあげる事で、かぶさった瞼をスッキリさせるだけではなく、自然と瞼の形も二重のラインが癖付けされて行きます。そして、一度癖付けされた二重瞼のラインは、トレーニングを重ねる毎に、徐々に溝が深くなっていき完全な二重瞼へと定着して行くのです。これは、体のダイエットと同じ様な仕組みで、毎日運動で筋肉を鍛えあげれば、ありとあらゆる弛みが引き締まりスッキリするだけでなく、自分のなりたい体へとボディメイクできるのです。まさに、二重瞼を自力で作るには、この様な仕組みを応用してトレーニングを行っていきます。

早い人ではトレーニング開始数週間程で、うっすらと二重の癖がつき始めますが、よりしっかり二重瞼を定着させて戻らない様にするには、トレーニングを毎日継続して数ヶ月間程続ける事が、完璧な二重瞼を手に入れるポイントになってきます。これまで、二重瞼は生まれつきと諦めていた方や、怖くて手術等に踏み切れなかった方も是非、今日から始められる瞼のトレーニングに是非挑戦して、ナチュラルでパッチリとした本物のデカ目を手に入れてみましょう。