何をやっても上手くいく天才脳を作るには、潜在能力だった。

あなたの周りに「なにをやっても上手くいく人だなぁ。」とか「あの人は天才だ。」と思うような人はいませんか?私は何人かそういう人に会った事があります。

一人は、高校生の時のクラスメイトでした。彼女はダンス部に所属し、校内で一番ダンスが上手い人でした。さらに授業でバスケットをやればバスケ部員のように活躍し、バレーボールをやればバレーも上手かったです。それだけではなく、ピアノを弾くのも上手かったです。ピアノは小さい時に習った事があるらしいのですが、今ピアノを習っている人と一緒ぐらい上手かったです。なにをやっても上手くいくのです。

もう一人は、海外で英語教師をやっている人でした。英語教師として働くかたわら、車のディーラーでもあるそうです。さらに本職は弁護士というから驚きです。そして、彼は英語やフランス語など多言語を話せました。彼も、なにをやっても上手くいくという人物でした。

なぜ彼らのような何をやっても上手くいく人と、それなりにやってもいつまでも凡人の人がいるのでしょうか?それは、彼らにはセンスがあるからです。そのセンスとは、もともと秘めていた潜在意識なのです。
東京大学「天才脳の開発法」では、その潜在意識を高めるトレーニングができます。「そんな事できるわけない。」と決めつけるならば、あなたはまだ凡人です。決めつけは、あなたがそれ以上は上を目指せないという限界を作ってしまいます。限界を作らない人や諦めない人は、どんどん上を目指して成功します。そして、天才だとみんなから尊敬されるのです。「そんな事できるわけない。」というのを決めつけなかったのが東京大学医学博士である森田敏宏さんです。彼が作ったプログラムが、天才脳を作る方法を可能にしています。
「どうせ精神論だけのプログラムに違いない‥。」天才脳を作ると言われると、そう思う人もいると思います。また、今までそういったプログラムに騙されてきた人もいるかもしれません。しかし、このプログラムは天才脳を作るために具体的になにをすれば良いのかが書かれています。だから、必ずできる!と思うはずです。そして、天才脳になる事ができるのです。
天才脳になるのに年齢は関係ありません。なぜなら、潜在能力を引き出すのに限界はないからです。若い人も、そうじゃない人も天才になる事は可能です。そして、天才になれば自分に自信がついて周りの人との仲が良くなります。事実、最初に申し上げた私の周りにいた何をやっても上手くいく人達は、人望が厚くて引き付けられるものがありました。天才脳になるだけで、そこまで成功できるのです。そして人が集まってくるのです。そして、その天才脳は潜在能力で作られるのです。
潜在能力は、人間の脳の90パーセントを占めると言います。そのため、潜在能力がその人の能力を決めると言っても過言ではありません。だから何をやっても上手くいく人は自然に上手くいくのです。それが天才と凡人の違いで、あなたはこのプログラムにより天才になれるのです。

あなたが、時間を大事にしたいと思う方なら、「1日3分、7日間で十分と断言し、実証済みの結果」を元に作られたプログラムが、あなたのお役に立ってくれるでしょう。日本トップレベルの知能、数万件のカルテ、数千件の実験データと検証、その膨大なデータを元に、常識的には考えられない程に作り込まれた知識の結晶です。

東京大学「天才脳の開発法」公式サイト