辛い肩こりや首の痛みには、中川式【首痛・肩こり】治療法がお勧め!

スマートフォンやタブレットを所有している人が年々増加しています。
職場や学校だけに限らず、ご自宅にもパソコンがあるという方も多いでしょうし、
学校の授業でもパソコンやタブレットを使うことも、今では全く珍しい話ではありません。

それに伴い、人の体が気づかぬうちに悲鳴を上げるリスクを増やしていることにお気づきでしょうか。

1日デスクワークでパソコンに向き合うだけでも、
同じ姿勢のままで体がいることで、
筋肉の動きがなく、体が自然と固まって来てしまいます。
それは首も一緒です。

そこに加えて、通勤や通学での電車移動中には
ずっとスマートフォンと、お友達。

この状態も同じ姿勢でいることが長時間続きますから、
やはり筋肉が固まってきてしまいます。

このような状態が長く続くと、体はその状態に慣れてしまうため、
ちょっと違う動きをすると「痛い!」と痛みが走ったり、
重たく感じたりするのです。

これが「凝り」や「痛み」の原因です。

要するに、部分的な運動不足です。

「ストレートネック」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思います。

長時間スマートフォンの画面を眺めていることで、
下を向いたままの状態が続いて、首の骨が真っ直ぐになってしまうことです。
首は頭を支える重要な部位ですが、重たい頭を支えるために、
首の骨は「真っ直ぐ」ではなく、曲がっていることでバランスを保つのですが、
その状態が得られないことで、頭の重さが首に負担となり、首の痛みを発生させてしまう状態です。

それを防ぐには、こまめに肩や首を動かしておくことが大事なのですが、
すでに痛みが強い場合、だるくて思うように動かない場合にお勧めなのが、
中川式【首痛・肩こり】治療法です。

中川式【首痛・肩こり】治療法は
とっても分かりやすい一言で言えば、
ご自身でも実践可能なストレッチを行う治療法です。

ストレッチは体の状態を体に大きな負担を与えることなく、
ゆっくりと変化させていくことが可能な運動方法です。

なぜ、肩こりや首に痛みが出るのかというのは、
「部分的な運動不足です」と先ほど説明しましたが、
それであれば、その部分に対して「運動」という
刺激を与えてあげることで、体の状態が物理的に変わります。

大抵の肩こりや首の痛みというのは、筋肉が固まってしまって、
その部分に通っている神経を圧迫してしまっているなど、
神経が物理的に何かしらの刺激を受けていて、
それが「痛み」として脳に伝わっていることで感じるものです。

その痛みを感じている部位の状態を低い負担で
物理的に変えていけるのがストレッチです。
しかし、やり方を間違えてしまうと、今度は筋肉を痛めてしまうことで、
肩こりが解消されるのではなく、筋肉痛になってしまうのです。
中川式【首痛・肩こり】治療法は、
元・プロスポーツトレーナーという経歴を持つ、
体の構造を熟知した中川卓爾さん考案の治療法です。

中川さんは医療や様々な民間療法の多くには
「対処療法」(一時的に痛みを取り除く方法)が大半であることに疑問を感じ、
さらに人によって痛みの原因は様々であることに着目し、
様々な可能性を考慮しながら、根本的に痛みを取り除く方法を
長年のテーマとして研究されてきた方です。

さらに、自宅で自分自身が実践が出来る治療法にまで
落とし込みをされています。

そのため、通院をしなくても、薬を使わなくても、
この方法を継続して実践することで、体がとても楽になるのです。

また、精神的な辛さなども体に対して痛みを出す原因となります。

しかし、ストレッチをすることで体の痛みを取り除くだけでも、
ネガティブな感情が薄れて精神的な辛さが和らいでくることも、
医学的にも証明されているようです。
ストレッチの習慣は肩こりや首の痛みを和らげるだけではなく、
気持ちの安定も得られるという、とても簡単に出来る人生を向上できる方法でもあります。

現代では欠かせない、パソコン作業やスマートフォンでの作業。
そしてストレス社会でもありますから、
精神的な辛さを感じてしまう時もあるでしょう。

これらからのだるさを根本から解消出来る
中川式【首痛・肩こり】治療法は、
IT時代の生活必需品になるかもしれません。

首の痛み、肩こりに悩んでいる方は、ぜひ、実践してみて下さい。

中川式【首痛・肩こり】治療法の詳細