出てもすっきりせずに残ってる感じがする?原因は便秘、痔、病気!

【残便感を感じた事がありますか?】
「トイレに行って便が出たのに、まだ肛門辺りで便が残っているような気がする。」「便が出たのにスッキリしない…。」こういった経験をした事はありませんか?便をしたのに不快感が残り、イヤな感じがしますよね。もしかしたら、パンツに便がついてる?とパンツを確認してしまう人もいるのではないでしょうか?また、肛門にある便を指で引っ張り出したくなるような気もしませんか?なぜ残便感が残ってしまうのか、残便感があるというのは病気なのか、放っておいてもいいのかどうかなどを紹介していきたいと思います。
【残便感は便秘?】
便を出したのにまだ便が体の中にあるような感覚だと病気かもしれないと思う人もいるのではないでしょうか?しかし、ほとんどの場合は病気ではありません。残便感の原因は、便秘の可能性が高いからです。
なぜ便秘で残便感を感じるのかというと、便が実際にまだ体内に残っているからです。便秘は腸の運動が低下して起こる場合が多いです。そして力めば便は出てくるのが普通ですが、腹筋が弱くて便が出なかったり、排便を司る自律神経がストレスによって上手くコントロールされなかったりというのが考えられます。
他には、産後で骨盤が緩んで排便しなくくなったりなど体の機能にエラーが生じて残便感が残る場合もあります。
【痔も残便感を感じる場合があります。】
痔になった場合でも残便感を感じる場合があります。痔には切れ持やイボ痔など様々な種類がありますが、どの場合も排便時に痛みを感じる場合が多いです。痛みを感じると、排便しようとしても上手く腹筋に力が入りません。その結果、便が体内に残ってしまいます。体内に便が残ると、たとえその時は柔らかい便でも、どんどんと便の水分が体内に吸収されてしまいます。そして、どんどん排便時に痛みを感じるようになります。
痔は手術しなきゃ治らないと考えている人もいますが、座薬を処方して治療していくという場合もあります。通院の必要がなく、入院も必要ない場合があります。そのため、まずは痔ならば医者に相談してみましょう。
【病気の場合もあり!】
残便感が病気の症状という場合もあるので、「ただの残便感か…。」と油断ならない場合もあります。しかも、病気は何個か考えられます。
肛門に一番近い直腸の中に両性の腫瘍ができてしまっている直腸ポリープは、イボが邪魔して排便が上手くできなくなります。障害物があるがゆえに便が全て出切りません。
また、大腸憩室炎という大腸の壁の一部が外に袋状で飛び出している場合も残便感があります。大腸憩室炎は無症状の場合もありますが、残便感や発熱、出血があると治療が必要です。
さらに過敏性腸症候群と呼ばれるストレスによって腸が敏感になり、便秘をしてしまう場合もあります。
病気の場合は治療が必要になるので、病院に行って治しましょう。

【便秘ならば自分で治そう!】
痔や病気で残便感が残るならば病院で治療となりますが、残便感の原因のほとんどが便秘です。便秘も病院で治療できますが、病院に行くには仕事を休んだり、忙しい合間を縫って時間を見つけなければいけませんよね。しかも便秘ならば、生活習慣を正したり食べ物を工夫したりと自分で改善できそうですよね。もし自分で改善できなくて、便秘に長年苦しめられてきたのならば「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラムを利用してもいいかもしれませんよ。便秘に苦しめられていたあなたを解放してくれるかもしれません。
便秘で残便感があるのか、それとも病気なのかは便秘を治してみないと分かりませんよね。病気にならないためにも便秘を治すのは大事なので、まずは便秘改善をしていきましょう。

腸内環境改善する「ところてん方式●●●ダイエット」
あなたが瘦せない原因は●●●だった。
「ところてん方式ダイエット」便秘克服プログラム