自己愛性と親からの教育の関連性とは

人間の性格は、親が関わっている事も多々あります。自己愛性もその1つで、承認欲求との関連性はあります。
思えば、人間の性格は後天的なものもあります。性格は生まれつきであるとは限らず、環境的要因などで形成される部分はあるのです。
例えば、「認められたい」という気持ちです。それは誰にでもある気持ちの1つですが、個人差はあります。たまに認められたい願望が強い人もいるでしょう。
なぜ願望が強くなるのか。冒頭でも書いたように、親の教育が一因というケースもあるのです。あまり親から認められた経験がなければ、願望が強くなる事もあります。
逆も然り。たまに「自分は優れている」という気持ちが強い人を見かけるでしょう。親の教育が過保護だったので、そのような性格になる事もあります。
認められたい願望も、優越性も、自分愛性の特徴なのですが、そうなる原因は親だというのは大いに考えられる話です。原因が気になるなら、親に注目してみてはいかがでしょうか。

読んでもらいたい本

親との問題をクリアすると大きく成長できます。

コメント投稿(本文のみOK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)