ルームランナー アルタイル7 かけっこが上手くなりたい!速く走りたい!上達方法を考えよう

業務用レベルの家庭用ルームランナーで練習


かけっこがうまくなりたいなら

子どもが一番、最初にやるスポーツは“かけっこ”だと思います。
理由は保育園、幼稚園などの運動会でも必ず、“かけっこ”の種目があります。

小学校に上がれば“徒競走”と呼びます。

早く走りたいのならなるたけ、地面につく時間を減らすことです。
足裏が地面にどれだけついているだけでどの程度、時間がかかるのか考えてみましょう。

考えるのは走る子ども自身です。
一緒に考えてあげましょう。

例えば、「足をベタッと地面につけて走るのと、つま先だけ地面につけて走るのとどちらが早い?」

どちらか分からない時は両方、実践してみればいいでしょう。

子どもの体力もあるし、走る距離を決めてそれぞれ走ってタイムをとります。
タイムを比較すればかけっこで走るコツが理解できるはずです。

かけっこには腕ふりも大切?

腕ふりが重要なのには理由があります。
「腕振りによって肩甲骨と骨盤の連動が生まれる」

まず、正しく腕をふりましょう。
腕の動きが骨盤に連動し、効率よく足が出るようになります。

かけっこでは足が前に出ることが重要なポイントです。

なんといっても歩幅もかけっこでは気になります。
歩幅が狭いとどうしても、かけっこでは遅くなってしまいます。

場合によっては転んでしまいます。

さらに腕のふりが早くなれば、それだけ足の動きも活発になり早く走れます。

そこで子どもの腕の振り方をチェックしてみましょう。

チェックするところは幾つかあります。

「腕を振る時、ひじは伸びていますか」
ひじが伸びていると遠心力の影響で腕ふりが鈍くなってしまいます。

「腕が横ふりになっていないか」
腕が横になっているとわきが開くので必要以上に、身体がねじれてしまいます。
その結果、足が遅くなってしまいます。

ほかにも手を握りしめるとその分、力が入ってしまい早く走れません。

かけっこは姿勢も大事

走る姿勢を見てください。

別にどんな姿勢で走っていてもいいけれど、やっぱり早く走るためにはこの姿勢がいいというのがあります。
ただ、走っていくうちにどうしても、姿勢が崩れていくかもしれません。
なので、なるたけ正しい姿勢で走るためにやってみるべきです。

走る姿勢を長く維持するためにまず、早く走るための姿勢を体に覚えさせましょう。

どうやって、覚えさせるかというと壁に背中を向けて立ちます。
そのまま、まっすぐな姿勢のまま、歩き出しゆっくりと走り出せばいいだけです。

足を曲げず、足の方向が走る方向に向いているかを確認しましょう。

足の方向が曲がっていたらまっすぐに走れないからです。
周囲に壁がなかったら、誰かにまっすぐ立っているかを確認してもらうのもいいかもしれません。

誰かと一緒なら壁がなくても物差し一本もあれば背中がぴんとしているのは分かります。

走っていると

走っている時、浮遊感を感じたことはありますか。
地面に足がつく時間が短いほど、かけっこははやくなります。

ということは、地面に足がつく、離れているという感覚を覚えるのは大切です。

そこでピョンピョン運動です。

つまり、ジャンプする運動です。
この運動に最適なのが“縄跳び”です。
“縄跳び”は大抵の子が保育園や幼稚園でやっています。

縄跳びだけでなく、縄なしでジャンプ運動します。
膝が曲がってしまうと、足がペタンとついてしまいます。

大きく手を振ってつま先で降りるようにしましょう。

最後はやっぱり……

かけっこを早くなりたいなら、まっすぐ走ることです。
まっすぐ、走っているつもりでもいつの間にか、曲がってしまう。

これではいくら、早く走ろうとしてもタイムは遅くなってしまいます。

そこで、まっすぐ走るための感覚をつかむ必要があります。
その方法とは腕を後ろに組んで走ってみましょう。

ちなみに腕を後ろで組んで走るとまっすぐ走れるけど、スピードが遅くなります。
なので、腕の振り方が早く走るために必要だということも理解できます。

その結果、腕の振り方を学ぶこととなります。

つまり、先に記載した「かけっこには腕ふりも大切」ということろに戻っていくわけです。

まっすぐ走るというのは案外簡単なことです。
前を見て走る。

これがかけっこの基本なのかもしれません。

業務用レベルの家庭用ルームランナーで練習


コメント投稿(本文のみOK)

*

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)